2017年8月17日に開催された『第10回 日本高校ダンス部選手権』の、ビッグクラス部門で準優勝に輝いた大阪府立登美丘高校ダンス部。

バブル時代を彷彿とさせる衣装に身を包み、キレのあるダンスで大きな注目を集めました。

そこで話題にあがったのが、彼女たちの衣装。いまでは見かけなくなった『ボディコン衣装』を、まだ高校生の彼女たちは、どこで手に入れたのかと気になっている人が多くいました。

その謎が、8月30日に放送された『戦え!スポーツ内閣』(毎日放送)で明かされ、大人たちを震え上がらせています。

その答えは予想していなかった!

番組の密着取材を受けた、大阪府立登美丘高校ダンス部。取材の中で、レポーターが生徒に対して「衣装はどうやって準備したのか」質問をします。

すると…。

「おばあちゃんから貰いました」

戦え!スポーツ内閣 ーより引用

お母さんではなく、まさかのおばあちゃん

まさかこんなところでジェネレーションギャップを受けることになろうとは、誰も予想していなかったのでしょう。

時の流れの早さを感じさせる返答に、ネットでは動揺する声が多数寄せられています。

お母さんの間違いじゃなくて?「ひぃっ!」ってなった…。そんなバカな。

バブルがはじけて、約30年。「たった30年」と感じるか「もう30年」と感じるかは、大きな違いです。

女子高生の間でバブル時代が「こんな人たちがいたらしいよ」などと、噂話や昔話のように語られる日は、近いのかもしれません…。

[文・構成/grape編集部]