NHKの看板アナウンサー2人に、独立&フリー転身話が浮上している。1人は「あさイチ」の司会を務める有働由美子アナ(47)。もう1人は4月からNHKの看板番組「ニュースウオッチ9」のメーンキャスターに抜擢される桑子真帆アナ(29)だ。

「2人の共通点は報道もバラエティーも両方こなせること。本当にNHKを去るとしたら、その損失と影響力は計り知れない。NHKでは内々に、情報の裏取りと本人の意思確認を行っているようです」(NHK関係者)

 どうやら有働アナは、仕事に対する不満が一番の理由らしい。きっかけは、昨年の大晦日に行われた紅白歌合戦。4年連続で総合司会を務めていた有働アナだが、まさかの落選になったのだ。

「有働アナは『5年連続総合司会を花道に紅白を卒業する』と周囲の親しいスタッフに語っていた。NHKの局アナの衣装は自腹で有名なのですが、有働アナは紅白仕様の衣装をすでに発注までしていたというんです。しかも、メディアで報じられていた“エグゼクティブアナ”への昇進も見送られ、女性初のNHK理事も厳しいでしょう」(前出のNHK関係者)

 そんな有働アナに接触を図ったとウワサされるのが、フリーアナ界の“寝業師”と評判の宮根誠司だという。

「今回はひょっとすると……という雰囲気なんです。宮根サイドは、有働アナの市場価値は10億円以上と見積もっている。有働アナも勝負をかけるなら、今年が最後だという思いがあるようです」(芸能プロ幹部)

 一方、桑子アナは最近、以前から交際していたフジテレビの谷岡慎一アナとの婚約を報じられたばかり。結婚を機に、フリー転身話が浮上しているという。

「現在でも桑子アナの年収は1000万円以上あるだろうが、フリーになれば、その10倍から20倍は軽く稼げる。谷岡アナから民放でのおいしい仕事ぶりを教わったようです。すでに移籍先として、フジとセント・フォースが共同で設立した芸能事務所『フォニックス』入りとの情報まで飛び交っています」(前出の芸能プロ幹部)

 退社となれば、早くて9月、遅くとも年内には発表されるという。NHKはどう出るのか。