映画『旅猫リポート』主演・福士蒼汰、有川浩の心温まる感動小説を実写化 - 猫と一緒に日本各地を巡る

写真拡大

有川浩の小説を実写化した映画『旅猫リポート』が2018年に公開決定。

本作は、「図書館戦争」や「植物図鑑」など、著作が続々と映画化されている人気作家・有川浩のベストセラー小説でシリーズ累計40万部突破の「旅猫リポート」を実写映画化したもの。物語は、主人公の青年・悟(サトル)が、とある事情から飼えなくなってしまった愛猫のナナと一緒に、新しい飼い主を探して日本各地を訪ねる旅を描いた心温まる感動ストーリーだ。

悟はこれまでに出会ってきた様々な人を訪ねる中で、本当の絆や、伝えられなかった気持ちを見つめなおし、自らの人生を振り返ることになる。有川浩が過去のインタビューで「一生に一本しか書けない物語」と話すほど思い入れの深い作品であり、映画化に当たっては自ら脚本開発にも参加した。

主人公の悟役を務めるのは、『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』『ちょっと今から仕事やめてくる』『曇天に笑う』など主演作品が続く俳優の福士蒼汰。ほぼ全編が猫との共演という、動物相手の難しい役どころに初挑戦する。

物語の中心であり高度な演技が求められる猫は、撮影の最大の関門とされている。本作では、動物プロダクションとの入念な準備によって、猫のリアルな仕草や表情をたっぷりと撮影。“猫映画の決定版”を目指すという。

監督は、有川浩が原作の映画『植物図鑑』も手掛けた三木康一郎監督。本作で再びのタッグが実現する。

【ストーリー】
元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい猫好きの青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。とある事情でナナを手放さなくてはならなくなった悟は、新しい飼い主を探すため、ナナと一緒に、親友や初恋の人など、悟がこれまでの人生で出会った大切な人たちを訪ねる旅に出る。それは図らずも悟の人生をふりかえる旅となる。強い絆で結ばれた一人と一匹のおかしく、切なく、あたたかい物語。旅の終わりに明かされる、悟の「秘密」とは――。

【詳細】
映画『旅猫リポート』
公開時期:2018年
原作:有川浩『旅猫リポート』(講談社文庫 刊)
主演:福士蒼汰
監督:三木康一郎
脚本:有川浩・平松恵美子
配給:松竹

©2018「旅猫リポート」製作委員会


[写真付きで読む]映画『旅猫リポート』主演・福士蒼汰、有川浩の心温まる感動小説を実写化 - 猫と一緒に日本各地を巡る

外部サイト

  • 映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』主演・山賢人で実写化、監督は三池崇史
  • 映画『夜明け告げるルーのうた』四畳半神話大系の湯浅政明によるオリジナル長編アニメ
  • 映画『花戦さ』伝説の華道家・池坊専好を巡る歴史ドラマ - 音楽・久石譲、日本映画界の雄が集結