タカタがアメリカで破産法申請を検討 巨額のリコール費対応で

ざっくり言うと

  • 自動車部品大手タカタが米連邦破産法の適用申請を検討していると報じられた
  • 欠陥エアバッグ問題に絡む、巨額のリコール費用に対応するためとみられる
  • 一方、申請で同社の資金確保が困難になると懸念を示すメーカーもあるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング