9日、漫画家の江川達也氏が自身のFacebook上で、大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」に苦言を呈した。

「君の名は。」は、田舎町の女子高校生と、東京の男子高校生が入れ替わってしまう物語だ。公開後の10日間で動員290万人、興収38億円を突破し、大ヒットとなっている。

江川氏は家族で「君の名は。」を観たという。しかし、大勢の高評価とは異なり、江川氏は「悪くはないが、思ったよりスケールが小さかった」「キャラクターの絵が好みじゃなかったのとエロス要素がなく楽しめなかった」と否定的な言葉を並べる。

さらに、江川氏は「主人公たちが、極端に頭が悪いのも感情移入できなかったところだが、ヒットするためには、頭が悪いという要素は必要なのだろう」「作り手のメタ認知能力(自身を客観視する力)が低いのかなー、とも考えられる」と分析した。

続けて、江川氏は「背景や小物に力を入れる監督だが、逆に力を入れたぶん、ユルい背景のパースの狂いが気になってしまった」と、漫画家ならではの視点で作品を斬ってみせる。

そして最後に、江川氏は「まあまあ楽しめたので時間と金返せ。とは言わない」といいつつも、自身だけでなく、一緒に観に行った家族全員が低評価だったと付け加えていた。





【関連記事】
山里亮太が珍しく加藤浩次を「スッキリ!」終わりに待ち伏せていたワケ
映画「君の名は。」 成人男性目線の感想が話題「女子高生が自殺しちゃう」
漫画家・江川達也氏 高畑裕太容疑者の母親・高畑淳子の謝罪に懸念