気になる羽生選手の復帰時期は?(Iurii Osadchi / Shutterstock.com)

写真拡大

 世界フィギュアスケート選手権2016を2年連続の2位で終えた羽生結弦選手(ANA)。日本スケート連盟は帰国日程の会見上、彼が「左足の甲靭帯損傷」を受傷していた事実を公表。帰国はせずに、練習拠点のカナダ・トロントで治療を受けるという報告を行なった。

 じつは羽生選手、昨年末の全日本選手権当時から左足の痛みを訴えており、1月のアイスショーも痛み止めを打って出演していた事実も明らかにされた。

 これについて、豪・Curtin大学で最新の専門療法を学んだ理学療法士、三木貴弘氏はこうコメントする。

 「足の甲には『リスフラン関節』と呼ばれる関節と、それを安定させる靭帯があります。つまり、今回の(左)足の甲の靭帯損傷は、リスフラン関節損傷と診断されたのではないでしょうか」

フィギュアスケート競技にはつきものの靭帯損傷

 足は平らではなくアーチ状を描き、その撓みの構造がクッションの役割を果たして衝撃を吸収する役割を果たしている。

 だが、フィギュアスケート/サッカー/バスケットボールなど、頻繁にジャンプをしたり、足に直接衝撃を受ける競技の選手は、リスフラン関節損傷を好発するという。

 「受傷機転が多いのは、爪先立ちになって上から体重がかかる時ですね。つまりフィギュアスケートの選手に起こりやすいケガなのですが、一般人でも高い所から飛び降りた際などに生じる例は少なくありません」(三木氏)

 靭帯部分が損傷されると体重をかける度に痛みに見舞われ、力が出せなくなる。そのまま放置しておくと、前述のアーチ構造が崩れてしまって衝撃を吸収できない足に変形してしまう。あるいは本来の、力を上手く伝達する構造が変化してしまう危険性もあるという。

 「治療法としては、手術の必要のない保存療法の場合、まずは足底板などでアーチを保持しながらギブス固定をします。その固定が取れてから徐々に、歩行練習/走る練習/ジャンプ練習と、負荷がかかるトレーニングに移行していくことが多いですね」
競技復帰までは2~3カ月くらいか

 骨折を伴っていれば手術が選択される例も多い。骨に金具を入れて固定し、その後は徐々に体重を乗せていくリハビリに移行していく手順は保存療法と同様だ。

 そこで気になるのが羽生選手の復帰時期だが、かりに保存療法レベルで済んだとして回復にはどれくらいかかるのだろうか?

 三木氏は次のように見立てる。

 「重症度にもよりますが、平均では1カ月ほど免荷し、そこから徐々に体重を乗せていき、競技復帰までは2~3カ月かかるのではないでしょうか。軽度であれば、足底板やテーピングで固定しながら早めに復帰することもありえます」

競技の性質上「再発」も宿命?

 ファンとしては一安心だが、競技の性質上「再発」も宿命ではないのか。そんな新たな憂慮も脳裡をかすめるが、専門家の立場から三木氏は次のように助言を語る。

 「全体重を乗せる機会が多い競技なので、再発率も他の人よりも多いことが予想されます。ですが、トレーニング内容を工夫すれば再発防止は可能でしょう」

 「たとえば、着地の際に今回痛めた足の甲の部分に負担がかかるような体の癖があるのかもしれない。であれば、その癖を修正したり、足部の衝撃吸収機能を関節周りの柔軟性/安定性を高めることでも負担軽減はできますから」

 不幸中の幸いというべきか、故障を抱えながらも果敢に挑んだ今季もこれで終わった。アイスショーへの出演がどうなるのかが気がかりだが、再始動の秋期まで静養期間は十分だろう。完治後の"結弦スマイル"との再会を待ちたい!
(文=編集部)