24日深夜放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、中居正広が、ファンにかつて放った暴言を反省する場面があった。

この日の放送では、バラエティ番組の出演枠を日夜狙う女性芸能人たちが、そのために使うテクニックを披露していた。その中で、ゲストMCの陣内智則が中居に対して、「どこからガンガンアイドルらしからぬことを言ってもええってなったんですか?」と尋ねた。昔は、絶対こういうことを言ってはいけないという「軸」が存在していたというのだ。

この問いかけに対して、中居は、今でもそうした決まりを守っていると明言する。下ネタも恋愛話もNGだそうで、中居は「基本的には、ファンの子が彼女だから!」とコメントし、拍手喝采を浴びていた。

そんな中居だが、過去には「これはよくなかったな」と反省した発言があったそう。SMAPが東京ドームでライブをした際、中居はその最中に「お前らはオレにとって家賃だから! 光熱費だから! 携帯代だから!」「みんなが金の源だから!」と呼びかけたというのだ。中居の意に反し、その場は笑うどころか、一気に静まり返ってしまったのだとか。中居はそのとき、「これはダメなんだ」と悟ったという。

この告白に対して、出演者から一斉に「当たり前!」「笑わない!」という指摘が飛んだ。陣内はそこで「でも、今はもう笑えるわ。今だったらイケるわね」とフォローしたが、当の中居が笑いながら「今でも笑わないだろ」とツッコミを入れていた。

【関連記事】
中居正広 歌手・TEEの台本無視したステージ乱入にガチ説教
中居正広がオカリナのキスに痛烈な一言「すっげぇニンニク臭かったよ?」
中居正広 知らぬ間に子役時代の大沢あかねをいじめから救う