坂上忍

写真拡大

18日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で坂上忍が、安全保障関連法案(安保法案)に反対の姿勢を示し、憲法9条への思いを語る一幕があった。

番組では「女性が一言モノ申したいニュース」のコーナーで、安保法案可決の一連の動きを取り上げ出演者らが議論をした。

その中で坂上は、安保法案について「僕は大反対なんですね」と、はっきり反対派だということを示した後「今の世界情勢とか見てると、(安保法案は)必要なのかなという気にもなりがちなんだけど。日本も一時期、戦争があった時に『お前ら、金だけ出して何もやらないのか?』って叩かれたときもあったし」と、安保法案に対する一定の理解を示した。

そのうえで、坂上は「でも、今だからこそ、武器を持たないで憲法9条を持ったらいいんじゃないの?って」「だって被爆国なんだから。被爆国にしかできないことってあるわけで。今だからこそ、武器を持たない日本でいてほしいなっていうのが、強い思いですかね」と力説した。

すると静まり返るスタジオで、渡辺えりが小さな拍手を送った。渡辺は「私もそう思う。武力に武力で対抗するのはずっと続くわけですから。それを止める勇気。本当に大変だけれども、(武力競争を)止める勇気を持たなければいけないと私は思いますね」と、坂上に賛成する意見を語った。

そんな渡辺の意見に坂上は「ただね、こっち側の意見は綺麗ごとにも聞こえかねない」と懸念すると、渡辺はすかさず「だから議論、もっと(国会で)話し合いを続けなかったらダメだと思う」と指摘した。

【関連記事】
中居正広のイタズラに坂上忍が怒鳴り声「何やってんだよ!」
坂上忍と番組ディレクターが言い争いとなり一触即発の事態に
明石家さんま 坂上忍との言い争いに敗北し謝罪を連発