扇子、風鈴、手ぬぐい。伝統柄からモダンデザインまで、涼を呼び込む和の夏小物たち

写真拡大

夏祭りや花火大会の便りが届き始めると、浴衣に合わせる“和”の小物が気になってくる! そこで今回は、涼しい音色の風鈴や、暑さをしのぐのに欠かせないうちわ&扇子。そして、何枚あっても重宝する手ぬぐい、ちょっとしたお出かけに便利なみゆき袋まで、この夏手に入れたい和小物をご紹介。花火やひまわり、スイカなど、夏の風物詩で彩られたおしゃれなアイテムを揃えれば、暑さも忘れてしまいそう。◆モダンデザインやキュートな定番柄まで!バリエーション豊富なうちわ&扇子


パリのクリエイティブチーム「PAPIE TIGRE(パピエ ティグル)」と人気雑貨店「スパイラルマーケット」のコラボレートブランド「PAPIE TIGRE+S(パピエ ティグルーズ)」から、京友禅のうちわが登場。グラフィカルな柄が日本古来の染めの技術によって新鮮に浮かび上がる。「かまわぬ」の扇子は、夏の定番・金魚柄や、爽やかなレモン柄など、見た目にも涼しげ。レモン柄はケース付きで、コンパクトサイズなので、おでかけの際に重宝しそう。

写真)うちわ各1404円/ともにスパイラルマーケット※季節商品のため在庫がなくなり次第終了 金魚柄扇子3024円、レモン柄扇子セット4104円/ともにかまわぬ代官山店

◆インテリアのアクセントにも。心地よい音色の風鈴で快適なおうち時間を過ごして


家で過ごす夏時間、時にはエアコンをオフにして、通り抜ける風を感じるのも気持ち良いもの。そんなときに、「チリン♪ チリリン♪」と軽やかな音色を届けてくれる風鈴があれば、涼感がUPすること間違いなし! クリアなガラスに朝顔や花火が絵付けされた上品なものや、思わずにっこりするポップなスイカ模様のものなど、インテリア空間に合わせてセレクトしてみて。夏風とクリアな音色のハーモニーは、ホッと和みの時間を演出してくれるはず!

写真)(左)朝顔柄風鈴、(右)花火柄風鈴各2700円/ともにスパイラルマーケット※季節商品のため在庫がなくなり次第終了 (中)スイカ柄風鈴2700円/かまわぬ代官山店

◆花火、ひまわり、ガラスの器…。季節感あふれる絵柄の手ぬぐいで、夏気分を満喫!


木綿の晒を素材に、明治時代から続く染めの技法「注染」を用いて、職人によって作られる「かまわぬ」の手ぬぐい。およそ33センチ×90センチという限られたサイズの中に描かれる様々な絵柄の中でも、毎月登場する季節感たっぷりの絵柄は見逃せない。この夏のおすすめは、ネイビーやブラックなどシックな地に、鮮やかな大玉花火や線香花火の模様が映えるデザインや、ガラスの器やひまわり柄がスモーキーで落ち着いた色合いに仕上がったぼかし染め。お気に入りの夏の一枚を手に入れて!

写真)上から時計回りに、「宵花火ぼかし」1512円、「線香花火ちらし」1188円、「額装向日葵」1296円、「ガラスウエア水色ぼかし」1080円/以上かまわぬ代官山店

◆浴衣はもちろん、普段のお出かけにも! 今夏のトレンド、ボタニカル柄のみゆき袋


「かまわぬ」オリジナルの浴衣地で作られたみゆき袋。コロンとしたフォルムがかわいらしく、結び目を解いて折りたたんで持ち運びもできるから、夏旅行のサブバッグとして持っていくのにもおすすめ。モダンさも感じられるボタニカル柄が今年らしい。浴衣でのお出かけはもちろん、フェミニンなワンピーススタイルやデニムスタイルのアクセントとして、ふだんのコーディネートに取り入れるのも粋!

写真)左から、「アザミ更紗」みゆき袋、「大輪向日葵」みゆき袋各3240円/ともにかまわぬ代官山