警視庁昨年4月の東京都江東区議選中に交流サイト(SNS)で投票を呼びかける有料広告を掲載したとして、警視庁が公選法違反の疑いで、日本維新の会所属の千田昌寛区議(43)を書類送検していたことが28日、捜査関係者への取材で分かった。書類送検は3月。日本維新の会の地方組織「東京維新の会」によると、千田区議は違法性を認識していなかったといい、自ら警視庁に申し出た。千田区議は昨年の区議選で初当選した。広告は約70