脳に1日2回電流を流すことで、アルツハイマー型認知症の治療に役立つ可能性があることが分かってきた。中国・寧波大学の研究チームが、軽度から中度の認知症患者の脳に低強度の電流を流し、偽の治療を受けた対象群と比較したところ、6週間後、脳ザッピングを受けた63名の患者全員の言葉の再生と再認の能力が向上。一方、対象群は全員改善が見られなかった。 経頭蓋直流電気刺激法(tDCS)として知られる非侵襲的