※この記事は2022年03月15日にBLOGOSで公開されたものです ロシアのウクライナ侵攻から2週間が経過した3月9日、日本記者クラブで、東京大学先端科学技術研究センター専任講師でロシアの軍事戦略を専門とする小泉悠氏が、プーチン大統領の思惑やロシアとベラルーシとの関係性、ウクライナに今後考えられるシナリオについて1時間40分にわたって語りました。 BLOGOS編集部では全編を文字起こしして会見の内容を紹