FCバルセロナの会長であるジョアン・ラポルタは、メスタージャでのバルサの逆転劇を目撃し、タイトル争いを続けることが可能になった試合後、マニセス空港でメディアに対応し、バルサのタイトル獲得の可能性について楽観的な見解を示した。「バレンシア戦の前に、残りの5試合に勝てばリーグ制覇を確信していると言った。これで5試合ではなく、我々がタイトルを獲得するために残された試合はあと4試合になった」と、ラポルタは非常