「同人誌関連の仕事で食べている人たちを延命させること……ようは、印刷所を維持させるのが、もっとも大事な課題じゃないかな」きっと、この人はなにかの知見をもっているだろう。そう思って電話をした相手は、そういって話し始めた。「もう、どうすればいいのだろうか」と、なにも解決の糸口が見つからないままで、大方