ものまねタレントの福田彩乃(写真中央)とビートルズのトリビュートライブ「LET IT BE」演奏メンバー

写真拡大 (全15枚)

1960年代にタイムスリップしたような気分。当時のビートルズを忠実に再現した「ライブショー」が届けられた。

4日、東京・東急シアターオーブにて、ビートルズのトリビュートライブ「LET IT BE〜レット・イット・ビー〜」が開幕。その様子、報道関係者向けに部分公開された。

2012年9月に、ロンドンからスタートした公演が、N.Y.ブロードウェイ公演を経て、日本にもやってきた。この高ぶりを伝えようと、ロンドン公演を体験取材している、ものまねタレントの福田彩乃も会場に現れた。

福田は、今日から始まった「日本公演オフィシャルサポーター」に抜擢されたのだ。

昨年秋に見た、ロンドンでのステージ。「2時間半の公演はアッという間だった。でも、そこにビートルズの歴史の長さが凝縮されている」とレポート。

キャスト陣については「本物のビートルズのよう。とにかく似ている。特にリンゴ・スターのドラムの叩き方はご本人そのもの」と感想をもらし、「私のような世代の方にも楽しんでもらえると思う」と語っていた。

イベント概要
公演名は、KOSE presents『LET IT BE 〜レット・イット・ビー〜』。当時のビートルズの衣裳やパフォーマンスなどを忠実に再現したライブショー。各時代の関連映像も交えながら、40曲近くの名曲で綴られる。

誰もが知る大ヒット曲のほか、実際にはライブ演奏されなかった楽曲にもスポットが当たったことが、今公演の特長とされている。

昨年来日し大反響を呼んだトリビュートライブ「RAIN」では披露されなかった「ALL MY LOVING」「CAN'T BUY ME LOVE」「ノルウェイの森」「THE LONG AND WINDING ROAD」など10曲近く、新たな名曲が用意された。

▼ 楽曲「SGT. PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BAND」のリハーサル場面より





▼ 楽曲「ALL MY LOVING」のリハーサル場面より

▼ 楽曲「LET IT BE」のリハーサル場面よりり

■公演スケジュール
・東京公演
2014年3月4日(火)〜9日(日)東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)
・新潟公演
2014年3月11日(火)新潟県民会館
・名古屋公演
2014年3月13日(木)愛知県芸術劇場 大ホール
・大阪公演
2014年3月14日(金)〜15日(土)オリックス劇場
・福岡公演
2014年3月16日(日)福岡市民会館

■関連リンク
「LET IT BE」日本公演 - 公式ホームページ