郵便箱

ある男性が郵便局に勤めていました。

彼の仕事は正しく住所が記載されいてない宛先不明の手紙を処理することでした。するとある日、震えたような筆跡で「神様へ」と書かれた住所の記載のない手紙が届いたのです。

とりあえずどんな内容なのか、封を開けて手紙を読んでみることにしました。

『神様へ

私は小額の年金で細々と暮らす83歳の未亡人です。

昨日誰かが100ドル入った私の財布を盗みました。それは次の年金の支払いを受け取るまでの全財産でした。

次の日曜日はクリスマスで、私は二人の友人を食事に招待しています。しかしながらそのお金なしには食べ物を買うこともできません。

私は特に助けてくれる家族もなく、神様にしかすがれません。

どうか私を助けてください。

エドナより』

神様へ

この手紙を読んで郵便局員の男性は心動かされました。そしてこの手紙を仲間に見せると、みんなポケットや財布から数ドルずつ寄付してくれたのです。

郵便局を一周したころには96ドルも溜まっており、そのお金を封筒に入れて、女性に送ってあげました。

少なくとも、エドナが何とか友人たちと夕食を共にすることができることを想像し、スタッフ一同温かい気持ちになっていました。

クリスマスは過ぎ去り、数日後に同じ女性から別の手紙が神様宛にとどきました。

手紙の封が開けられると、スタッフのみんなが手紙の周りへと集まってきました。

『神様へ

何とお礼を言っていいのかわかりません。あなたの愛情あるギフトのおかげで、友人のためにとてもおいしい料理を作ることができました。天候にも恵まれ、友人にもあなたのギフトのことを話しました。

ところで金額は4ドル足りませんでした。きっと郵便局員が盗んだんだと思います。 エドナより』

……。

良い行いを匿名で行うというのは、得てしてこういうことなのかもしれません。

THE JOKE BLOG: Helpful Post Office Workers

関連記事