富山県は世界文化遺産に登録されている「白川郷・五箇山の合掌造り集落」があったり、「黒部の太陽」で有名な黒部第四ダムがあったりと、観光には不自由しない場所です。しかし、いかんせん週末に気軽に足を伸ばすには首都圏からも関西圏からも微妙な遠さがあり、なかなか「じゃあ富山行こう」と思えないのも事実。そんな状況をひっくり返すかのように、経済産業省のクールジャパン事業の一環として、富山テレビ放送ファンワークスが富山の美しい自然や地域資源を映像コンテンツ化して地域活性化を目指す「富山観光アニメプロジェクト」を共同プロデュースしています。

この中で、南砺市にあるアニメ制作会社P.A.WORKSと魚津市在住のFLASHアニメクリエイターユニットThe BERICHが富山の観光名所をアニメ化してYouTubeで配信するということを行っています。

詳細は以下から。
富山観光アニメプロジェクト

P.A.WORKSが制作したのは「泣かせる空に会いたい 立山の恋人編/P.A.WORKS」。P.A.WORKSは以前、富山県を舞台にしたアニメ「true tears」を制作し、その町並みの再現度などで注目を浴びました。

北アルプスの山岳写真を撮るという恋人と別れてしまったヒロイン・美咲。実際に北アルプスがどんなものなのか登ってみることに……。ちなみに美咲を演じているのは「true tears」で湯浅比呂美役を演じた名塚佳織


舞台となったのは北アルプス・立山。この実写部分の映像は富山テレビ放送(BBT)が担当しています。富山テレビの加藤美由紀アナウンサーは富山湾の魅力を描いた「泣かせる海に会いたい 海辺の友情編」で声優に挑戦したそうです。


立山黒部アルペンルートの春、バスよりも高く積もった雪の壁。

秋の立山。

黒部第四ダム。

The BERICHも「泣かせる空に会いたい LOVE MOUNTAIN TATEYAMA 立山編/The BERICH」を制作。

こちらは立山駅から山頂まで観光する様子が描かれています。


山頂では何が待っているのか……。

なお、「泣かせる空に会いたい〜魅惑の富山物語」は6月20日(土)に富山テレビで放送されており、6月中旬以降にBBTWEB、YouTube、ニコニコ動画、Yahoo動画などで配信される予定となっています。

・関連記事
徳島阿波踊りのポスターに「空の境界」の両儀式と黒桐幹也が登場、JR主要駅や観光施設へ掲示 - GIGAZINE

富山県議がアニメ「true tears」の県内放映に向けて尽力、放映実現へ - GIGAZINE

アニメ「true tears」、地元CATVにて6夜連続放送が決定 - GIGAZINE

劇中登場シーンをまとめた「ヱヴァンゲリヲン箱根補完マップ」、朝から長い列が出来上がった先行配布の様子 - GIGAZINE

箱根補完マップを使って「エヴァンゲリオン」の街・第3新東京市の舞台探訪に挑戦 前編 - GIGAZINE

箱根補完マップを使って「エヴァンゲリオン」の街・第3新東京市の舞台探訪に挑戦 後編 - GIGAZINE
記事全文へ