鈴木亜美(撮影:野原誠治)

 1998年、当時15歳にしてテレビ東京系で放送された“夢のオーディションバラエティー”「ASAYAN」から小室哲哉のプロデュースによるシングル「love the island」でデビューを果たした鈴木亜美。2005年にはレコード会社の移籍を経て、今年2月に26歳の誕生日を迎えた彼女が、デビュー10周年を迎えた今月2日に「FREE FREE / SUPER MUSIC MAKER」に続く、中田ヤスタカ(capsule)のプロデュースによるニューシングル「ONE」を発表した。

――前回アルバム「DOLCE」リリース前にお話を伺った時、今後について「きっと“join”と付けなくても成立する気がする」と話されていましたが、今回の中田ヤスタカさん(capsule)との「ONE」はまさにその通りになりましたね。
鈴木亜美(以降、鈴木):そうですね。“join”はそもそも、クリエイターの方々に力を借りて(笑)、お互いの名前で出すことによって私自身も“自分探し”という形だったので。本当に今はこのクラブミュージック、エレクトロ・ハウスで全然成立するというか、もう素直に好きなので(笑)、その中でやっていければなと思って。

――“join”は一区切りした感じですか?今後またやるかもしれない?
鈴木:前回の使い方は、悩みから始まった“join”でしたけど、次は違う形。コラボという形の時も、“join”という言い方は使おうかなと。

――“join”を始める切っ掛けである、自分が本当に「楽しい」と思える音楽にめぐり逢えたということですね。
鈴木:そうですね。

――「DOLCE」では、色々なアーティスト、クリエイターの方々と“join”されていましたが、その中でも中田さんは1番独特な制作方法の方だと話されてましたよね。前回は初めてだったからという理由もあったかと思いますが、今回は前回よりもお互いに制作作業がスムーズになったと感じることはありますか?
鈴木:もう今となっては当たり前になったというか(笑)、私の中でも1番ベストな状態で音楽が作れるなと。中田さん自身が、「コレ!」という型が無いので。本当に本人が常にカッコイイと思えるものを、100%以上の形にするという。私も「こうでないと嫌だ!」というのも無いので、とにかくお互いにいい力を発揮して、カッコイイものが制作できればと。

――制作作業に入る前に、何か話されたことはありましたか?
鈴木:「FREE FREE/SUPER MUSIC MAKER」を作ってもらった時からもう、「絶対にまた一緒にやりたいね!」という話はしていたので、結構1年間ぐらいの時間を掛けて。でも特に「この時期にシングルを出すから、こうしよう」という話でもなくて。クラブイベントとかでお会いした時に、「鈴木亜美という素材を使って、こういうのを作りたいよね」という話し合いをしていました。

――前回、「中田さんのデモは、スタジオに入るまで歌詞が決まっていなかった」と話されていましたが、今回は?
鈴木:いや、もうほとんど同時ですね。そんなに前もって曲を聴くこともなくて、スタジオに入ってから聴いて録っていく、という感じなので(笑)。

――実際、制作にはどれくらい時間が掛かりましたか?
鈴木:ヴォーカルを録るのはすっごく短いですね。実際、本当に1回とか2回しか歌わないという、少ないですね(笑)。そこからのミックスにすごく時間を掛けるやり方でした。
――ミックスの間もずっと一緒にいて、作業をされている感じですか?
鈴木:はい。完成した音を聴きたいじゃないですか!