「漫画王」の化粧箱

写真拡大 (全9枚)

参議院選挙での衝撃も記憶に新しいが、麻生太郎外相(66)を幹事長に起用する調整も進むなど、あわただしい動きの続く今日この頃の政局。アキバ物欲では、二ヶ月前に麻生大臣をモチーフにした"太郎ちゃん牛乳カステラ"を紹介したが、同カステラを販売している大藤から"アキバ発"をキャッチフレーズにした新しいお土産「漫画王」と「秋葉王」、そして「萌えたてパン」が登場した。

■"太郎ちゃん"のお土産は大好評

「漫画王」は、現職の麻生太郎外務大臣をモチーフにした"太郎ちゃん"印のお土産の第3弾だ。お菓子は、50gの明太子カシューナッツ。化粧箱の中には、袋とじの"太郎ちゃんフィギア"まで入っている。フィギアは、全3種類。どれが入っているかは買ってみないとわからないので、全種集めたい人は、大人買いしよう。
お味のほうだが、明太子カシューナッツを食べてみると、明太子の辛味がほどよくきいており、お酒が飲める人なら、つまみにもよいだろう。
販売価格は、650円(税込み)。
左がフィギア、右が明太子カシューナッツ「漫画王」の化粧箱
左がフィギア、右が明太子カシューナッツ「漫画王」の化粧箱

大藤の広報担当者によると、昨年の9月に総裁選が行われた際、麻生氏が秋葉原で演説した反響が大きいことや、同氏のキャラクター性が非常に親しまれやすいことから、「太郎ちゃんカステラ」を昨年末に発売した。その結果、大反響となり、第2弾「太郎ちゃんの明太子せんべい」を発売、これも好評を得たことから、第3弾となる「漫画王」の発売に踏み切ったそうだ。麻生外務大臣は、「アニメ大使」を提案したほどのアニメ好きでもあることからだろうか、「漫画王」はコミックをモチーフにしたパッケージでの登場だ。

■萌え系王道の「秋葉王」「萌えたてパン」

「秋葉王」は、萌え系の妹キャラ「みかんたん」が表紙の雑誌風お土産だ。オール食べ切りのサブレーが16枚入っている。「みかんたん」とは、何者なのか? 広報担当者にうかがってみたところ、キャラクターのバックストーリーについては、「今は、秘密です」とのコメントを頂いた。サブレーは、みかん味で、サクサクとした食感を楽しめる。
「秋葉王」の中身は、サブレー「秋葉王」の化粧箱
「秋葉王」の中身は、サブレー「秋葉王」の化粧箱

「萌えたてパン」は、アキバ発の菓子パン。「ミルクたん」「メロンたん」「イチゴたん」の3種類があり、それぞれ味が異なる。実売価格は、189円(税込み)とパン屋さんで売られているパンに比べると少し高めだが、筆者が購入時には、大きな段ボールの中にわずかに残っているだけという人気ぶりだった。
「ミルクたん」は、メイド姿のキャラクター「ミルクたん」のシールが貼られた萌え系ミルクパン。ミルク風味クリームがパンの上にのっている。実際に試食してみると、あっさりとしたクリームパンの味だ。
上から半時計まわりに「ミルクたん」、「メロンたん」、「イチゴたん」「ミルクたん」の中身
上から半時計まわりに「ミルクたん」、「メロンたん」、「イチゴたん」「ミルクたん」の中身

「メロンたん」は、ブルマ姿のキャラクター「メロンたん」が目印の萌え系メロンパン。こちらは、メロン風味のクリームがパンの上にのっている。袋を開けると、メロンのイイにおいがして、食欲をそそる。少し甘めだが、メロンの味はシッカリとしている。
「イチゴたん」は、ブレザー姿の「イチゴたん」が可愛らしい萌え系イチゴパン。メロン風味のクリームの代わりに、イチゴジャムが格子状に塗られている。食べてみると、イチゴの甘みが口の中にいっぱい広がり、幸せを感じる味だ。
「メロンたん」の中身「イチゴたん」の中身
「メロンたん」の中身「イチゴたん」の中身

■秋と冬に新作が登場するか?

「漫画王」と「秋葉王」は、コミック雑誌風の化粧箱デザインとなっているが、なぜなのだろうか? その謎をさぐるために、大藤の広報担当者にうかがってみた。アキバは、サブカルチャーの街・コミックの街として認知されている。大藤では、メイドイン東京シリーズ・おでんカレー・萌えたてパン・太郎ちゃんシリーズを販売しているが、そのお土産の企画から生まれたキャラクターがもしコミックの物語が存在したらという設定で、雑誌風の化粧箱にしたそうだ。

「漫画王」への"太郎ちゃんフィギア"の同梱は、お客さんからの提案がキッカケだ。こんなところでも、麻生外務大臣の人気の高さをうかがい知ることができる。同梱しているフィギアは、出来映えに納得ができるまでこだわったことから、2月頃の提案から現在まで時間が掛かってしまったという。それだけの力の入ったフィギアなのだ。

気になる販売数だが、「漫画王」は8月4日からの発売で2,500個、「秋葉王」は7月9日からの販売で5,000個を出荷したという。今後のアキバ発の商品に関しては、秋・冬と2回に分けて新商品を展開する予定だ。雑誌デザイン製品を続けていくかは、現在のところ未定。

アキバ発のお土産は、秋葉原っぽい絵柄が魅力の商品だが、長年食品を手掛けている会社だけあり、味も美味しく、アキバのお土産に最適といえるだろう。
麻生氏が自民党幹事長に就任すると新製品がまたまた登場しそうなだけに、アキバのお土産シリーズもさらにヒートアップしそうだ。

写真:写真一覧

■こちらもオススメ!アキバ最新ニュース
【アキバ物欲】テーブルの上でも目立たない!"トースターPC"登場
【アキバ物欲】らーめん缶戦争が勃発か?新らーめん缶バトルを徹底予想
【アキバ物欲】メイドさんも御用達?アキバでエアーガンを撃ちまくれ!
【アキバ物欲】懐かしのゲーム機&ソフト大集合!レトロ館で想い出のゲームを手に入れろ
【アキバ物欲】鉄ちゃんの夢を乗せたジオラマ!自慢の車両を走らせる鉄道模型の世界

株式会社 大藤編集部:関口 哲司
Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.