間宮祥太朗(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 3月15日に公開された映画「変な家」が、累計成績は動員207万人、興収26億円を突破するヒットとなっている。今作は、YouTuberで作家の雨穴氏が、2020年10月30日に「【不動産ミステリー】変な家」というタイトルでアップし、1999万回再生された人気動画をもとにした実写化作品だ。

間宮祥太朗は“ちんちくりん”森七菜の相手役で…《イケメンのムダ遣い》とファン嘆き節

 21年にその動画と連動した不動産ミステリー小説を刊行し、23年には漫画化。24年に「みんなが選ぶ!!電子コミック大賞2024」で男性部門賞を受賞するなど、実写映画化はファンにとっても待望だっただろう。

 原作ファンの期待の表れが、スタートから好調な興行収入に反映されていると考えられるが、一方で映画を見た原作ファンからは《原作と違いすぎてびっくり》《ただ駄作なパニックホラーになっててひどい》と惜しむ声も続出していた。

 そんな中、原作者・雨穴氏のXでの投稿が「実写映画化の改悪に対し、怒っているのでは?」とファンをざわつかせている。

■憶測を呼ぶ「ゴミ」という原作者のツイート

「雨穴氏が映画の公式アカウントのフォローをしていないことや、映画の告知などもしていないことに加え、3月18日のツイートで『ゴミ』とだけつぶやき、その後、削除しました。一連の不穏な動きに対し、原作ファンが《実写映画のことをゴミと言っているのでは?》と推察する声も散見されました」(映画制作関係者)

 3月20日のXには「今「雨穴」という名前に関係して巻き起こっていることに、私は興味もないし関係もないので心穏やかなものです。」という投稿もされ、原作者が実写映画の改変に納得がいっていないというファンの推察の声がより上がっている。

「22年12月10日放送の日本テレビ系『マツコ会議』に雨穴氏が出演した際、『ミステリーは好きだったんですけど、ホラーはどちらかというと苦手でした』と語っていました。原作は生きている人間の不気味な面や腑に落ちない怖さというミステリー要素の強い作品で、そこが魅力でもありました。原作を知らないホラー好きからは、『映画を楽しめた』という声も上がっていましたが、実写化されたものは"ただのパニックホラーに改変された"という指摘もあり、解せない原作ファンもいるようです」(同)

 改悪された実写化作品は、原作者や原作ファンだけでなく、主演を務める俳優にとってもハズれクジとなってしまう可能性もある。映画を見た原作ファンからは主演を務める間宮祥太朗(30)に対し、《勿体無い》《無駄遣い》という声も多く上がっていた。

「間宮さんには森七菜さんと主演を務めた23年7月期のフジテレビ系『真夏のシンデレラ』でも同様の声が上がっていました。やはり、間宮さんの演技が良いと評価されているからこその反応なのでしょう。実写化トラブルといえば『セクシー田中さん』の件を思い出す人も多いと思いますが、奇しくも日テレ日曜10時半の同枠で間宮さんが主演を務める『ACMA:GAME アクマゲーム』が7日からスタートします。13〜17年に『週刊少年マガジン』で連載された同名漫画の実写化となりますが、今度は間宮さんのポテンシャルが正しく発揮される実写化作品になることを期待したいですね」(ドラマ制作関係者)

 原作者、原作ファン、出演俳優たち全てにとってプラスになる実写化は至難の業なのかもしれない。