日本のマクドナルド

写真拡大

台湾メディアのTVBS新聞網は28日、フェイスブック創始者でメタCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が日本のマクドナルドを絶賛したと報じた。

訪日中のザッカーバーグ氏は27日、フェイスブックで妻のプリシラ・チャンさんとともに日本のマクドナルドを訪れた際の写真を投稿した。1枚目の写真にはメタのスマートサングラスをかけ、ハンバーガーを手に笑みを浮かべる同氏の姿が写っていた。

また、別の写真にはトレーの上にテリヤキバーガーなど3種のバーガーとドリンク、マックフライポテト、チキンマックナゲット、えだまめコーン、ひとくちチュロスなどが乗っている様子や、店の前に立つチャンさんの姿が写っている。

同氏は「日本のマクドナルドは10点満点だ。彼らにミシュランの星をあげよう」と大満足したことをつづっている。

記事は、「ザッカーバーグ氏はファストフードに夢中になっているようだ」とし、同氏が昨年、Threads(スレッズ)でよく食べるマクドナルドのメニューを挙げ、その総カロリーが4000キロを超えていたことに言及した。

同氏は日本で刀鍛冶体験をしたほか、27日には首相官邸を訪れ岸田文雄首相と面会して人工知能(AI)などの分野について意見交換を行った。今後は韓国やインドを訪問する予定だという。(翻訳・編集/北田)