空前のキャンプブーム到来

写真拡大

 日本の国土の7割を占める山林が、空前の“バブル”を迎えている。コロナで巣ごもりキャンプが大流行の中、気軽に「山を買う」人々が増えているのだ。日本で唯一の森林ジャーナリスト・田中淳夫氏が、実体験を基に目から鱗の「山を楽しむ」アドバイスを伝授する。(「週刊新潮」2020年12月24日号掲載の内容です)

 ***

【写真】個人で山を持つ芸人のヒロシ

 アウトドアブームと言われて久しいが、ここ数年、既成のキャンプ場を利用するのではなく、土地そのものを自分で所有して、プライベートキャンプ場づくりに挑む人が増えてきた。おかげで森林の購入まで大流行している。

 だが、山(日本では森と山はほぼ同義)を所有すると何が起きるか、何を覚悟すべきか。おそらくほとんどの都市住民にとって未知の世界だろうから、是非ともそれを知ってほしい。なぜなら、私自身も山を持つ経験者だからだ。

空前のキャンプブーム到来

 まず「森を買いたい人」は、どれほど増えているのだろうか。

「購入目的がキャンプという人が増えたのは、ここ2年ぐらいです」

 そう話すのは、17年前から森林売買を手がけ始めて、現在はネットで全国の森林を扱う「山林バンク」の辰己昌樹さんだ。

「それまでは、林業のほか田舎暮らしをするためとか、近年はメガソーラー建設などが主でした。ところが昨年初頭に初めてキャンプという言葉が登場しました。今年に入りコロナ禍が広がってからは、問い合わせの7割が『キャンプのできる山はありませんか』になりました。2年弱の間に5千件以上、月に500件以上の状態が続き、返信メールを書くのに寝る間もないほどです」

 キャンプ人気は静かに広がっていたが、森林を購入して自分だけのキャンプ場を建設するという発想は、つい最近のことなのだ。

 火付け役は、なんといっても芸人のヒロシだろう。ユーチューバーとしてもソロキャンプの様子をアップして人気を博しているが、昨年9月に「山林を買った」と公表した。すると「その方法があったか」と気づく人が現れた。特にコロナ禍で他人との接触を避けるようになったことで、プライベートキャンプ場のための森林購入に火がついたようだ。

 これまでのキャンプは、どちらかといえば「大人数でバーベキューをやってワイワイ騒ぐ」のが主流だった。最近は「グランピング」と呼ぶ、準備も片づけも他人任せの豪華キャンプが人気となる。しかし賑やかなのは苦手な人もいるのだ。

 自然の中で静かに過ごすつもりだったのに、シーズン中のキャンプ場は満員で隣の人に気を遣いながらテントを張らねばならない。あげくに深夜まで騒ぐ声に悩まされる。水を使うのも洗い場に並ばないといけないし、焚き火禁止など厳しいルールを設けるキャンプ場も少なくない。

 それならいっそ、自分の森を持てば、他人に悩まされないキャンプ場をつくれる……。そう思う人が増えたのである。

予算は200万円

 実際に彼らが購入するのはどんな森が人気なのか。

 再び辰己さんに尋ねると、

「車が入れる道があって、首都圏なら自宅から2〜3時間まで。広さは500坪以上でないとキャンプ場に向きません。沢のある森を希望する人が多いですね。価格は都心からの距離とか地形などに左右されるので、必ずしも面積と相関しませんが、用意している金額は200万円まで。ただ現地を見ると予算を増額する人もいます。なお購入希望者に多い質問は、電気は引けるのか、トイレは作れるのかといったことです。キャンプに慣れている人ばかりではなく、まったくの素人も増えています」

 希望者は、一度現地を見たら、すぐ結論を出す傾向があり、そのうち約5割は即OKを出すという。十分に土地を吟味したのかどうかちょっと怪しい。

 それだけに森林のことを一から教えないといけないそうだ。市街化調整区域では建築など開発規制が厳しいし、保安林指定を受けていたら、樹木を勝手に伐採できない。宅地感覚で見ると森林はべらぼうに安いと感じて気軽に手を出しがちだが、必ずしも自由に使えるとは限らないし、リスクもトラブルもある。そこを理解してほしいと辰己さんは力説する。

 では、実際に森林を所有する私のケースを紹介しよう。場所は奈良県の自宅に近い里山だ。購入したのではなく親戚から譲られたもので、さして広くないが、二十数年前から自分だけの森遊びの場としてきた。だからヒロシよりも早くからやっていた、と自負する(笑)。

 ただし森林の維持が、いかに大変かということを痛感している。そこで私が経験した森の「苦労」の一端をお伝えしたい。

 私が森林を手に入れて、最初に行ったのは「探検」だ。千坪に満たない面積だが、びっしり雑木雑草が茂っていたから、中の状態はよくわからない。まずは藪をかき分けて歩き、地形と植生を知ることから始めた。そして“お隣さん”との境界線を確認する。山の土地は隣接地との境界があやふやなことが多い。地籍調査が済んでいる土地ならよいのだが、私の場合はそうでなかった。

 境界線は山に詳しい地元の人に教えてもらうしかない。私は土地を一緒に歩いて、教わった境界に仮杭を打った。本当は隣接地の所有者にも立ち会ってもらって了解を得ないと確定にはならないが、それは将来の課題だ。

 次にうっそうと茂ったブッシュ状態の森を明るくするため、部分的に木々を伐採して草刈りもした。ある程度、不自由なく歩けるようにしてから、森遊びの基地として、傾斜の緩い場所にデッキを築き、石を積んで焚き火場をつくった。またコナラの巨木に登れるようにして、そこに見晴らし台を設置する。急斜面には階段もつくる。きつかったが、それも森遊びの醍醐味である。

 ただ完成したら次から楽かといえばそうではない。切り開いたところも、しばらくすると草木が伸びる。周辺の木々も明るくした空間に枝を伸ばす。そのせいですぐ薄暗くなった。植物の成長力恐るべし、なのだ。

 そのうえ木のデッキはすぐ腐る。防腐剤は塗布したが、1年もすれば禿げるからだ。塗り直したり板を張り直したり、繰り返し手入れが必要だ。また真夏は、あまりの虫の多さにめげて長時間の滞在は諦めた。

 さらに恐いことが起きる。昔は棚田だった土地の一部を開墾してサツマイモ畑をつくったら、収穫直前に荒らされた。耕運機を入れたのかと思うほど土がひっくり返されている。悪意ある人間の仕業かと疑ったが、よく観察するとイノシシの足跡を発見したのだ。

 地元の農家の方曰く、

「イノシシは夜になると、農地を走り回っている」

 とのこと。体長1・5メ―トルを超える大物もいるというから出会(でくわ)すと恐い。

「本気で獣害から作物を守りたかったら、畑の周りに柵を築かないとダメ。できれば電流で動物にショックを与える電気柵にすべきだ。金網ぐらいの柵だとすぐに破られる」(同)

 イモだけではなかった。春はタケノコ掘りを楽しんでいたが、ある年から人より早くイノシシに掘られるようになった。しかも穂先だけかじって捨てる贅沢な食い方をする。また植樹した際に鶏糞など有機肥料を撒いたら掘り返された。キャンプ後に残飯を土中に埋めても同じ。臭いでかぎつけるようだ。

 糞もよく見かける。イノシシだけでなく、イタチやタヌキ、ウサギの糞も見つかる。幸いクマはいないが、野生動物が増えていることを実感する。動物の痕跡を観察するのも森の楽しみだが、あまり多いとエエ加減にしてくれ、とも思う。

ダッチワイフが…

 腹の立つのは動物の悪ふざけばかりではない。より深刻なのは、人間によるゴミの不法投棄だ。私の森の真ん中には市道が延びている。交通量は多くないが、週末はハイカーもそこそこ通る。すると、森の中にゴミを投げ込まれるのだ。コンビニの弁当箱のほか、ペットボトルや空き缶、空きビンも多い。

 加えて家庭ゴミやブラウン管テレビなど家電類、ユニットバス、壁土にコンクリート片……。大量の植木の剪定枝もあった。仰天したのは、等身大の女の人形。有体に言えばダッチワイフだ。木々の間に、クリクリした目と半開きの赤い唇の女性の顔を目にした時はギョッとした。

 斯様(かよう)に森へのゴミの不法投棄は、大きな悩みだ。レストランを経営している私の友人も、最近森林を購入した。そこにプライベートキャンプ場づくりを始めたのだが……。初っぱなから災難に見舞われたそうだ。

「購入したときは、土地の多くが背丈以上のササに覆われていたんですよ。そこで刈り払っていたら、奥から大量の産廃が出てきました。廃車のほか、家電やコンクリートの残骸などが山積み。それらを引っ張り出して業者に引き取ってもらったり、重機で穴を掘って埋めたりするのに随分手間がかかりました」

 前の地主も知らないうちに投棄されたらしい。やはり購入前に土地全体を調べる必要がありそうだ。

 不愉快な事件も経験した。森の中で一人焚き火をしていたら、煙を目にしたのか近隣の住人が怒鳴り込んできたのだ。私は火の粉が飛び散らないよう高く石積みし、消火用の水も用意するなど十分に気づかっていたつもりだが、警察に通報された。駆け付けた警官はこれなら問題ないとなだめてくれたが、その住人は「絶対に焚き火は許さん」と息巻く。

 結局、その後林内で焚き火はできなくなった。自分の森といえども、完全には自由にならないのである。

 そういえばヒロシも、自分の森で焚き火をする際は、先に消防署に挨拶すると語っている。焚き火をするのは、なかなか手間がかかるのだ。人里離れた自然の中でも、いちばん厄介な“動物”は人間で、勝手に侵入する地元住民やハイカーもいる。山菜やタケノコを盗掘するので、その度に注意しなければならない。

“負動産”になりがち

 一方で、森の主役たちも容赦ない。想定外だったのは、木々が一斉に枯れ始めたことだ。ナラ枯れである。カシノナガキクイムシが媒介する「ナラ菌」によってナラの木のほかシイ・カシ類などに起こる伝染病だ。全国的に広がっているが、大木ほど枯れる。私の森はナラとカシの木が多いから防ぎようがない。

 道路際のコナラの大木が次々と枯れ始めた際は、市から「なんとかしなさい」と通知が来た。枯れて道路側に倒れたら危険だし通行が妨げられる。また道路に沿って敷設された電線や電話線を切断する恐れがあるからだ。

 とはいえ、素人に伐れる木ではない。私は友人の林業家に来てもらって、森の内側に伐り倒してもらった。こうした手間と出費も覚悟する必要がある。

 危ないのはナラ枯れだけではない。近年相次ぐ大型台風の襲来は、数多くの倒木を出す。昨年、千葉県各地で倒木が大停電を引き起こしたことは記憶に新しいだろう。私の森も強風によって多くの木が根こそぎ倒れた。

 幸い道路側に倒れる木はなかったが、一時期森の中を歩けないほどになった。倒木やかかり木(他の木に寄りかかった木)は、不用意に手を出すと跳ねて危険なので放置せざるを得ない。

 知り合いに、ツリーハウスを築こうとした人がいる。ところが、完成直前に土台のナラの木が枯れ始め、そこに台風が襲来して倒れた。当然、ツリーハウスも崩壊。トホホである。

 なお大雨などで森の斜面が崩れ、他人の田畑や人家に木が倒れたり土砂が流れ込んだ場合、賠償問題も生じる。要注意である。

 沢のある森を希望する人は多いが、普段はチョロチョロの沢も、大雨が降れば氾濫する可能性がある。そうなると森の様子も一変する。あるいは沢に近い平坦な土地は、帯水して湿地状態になることもある。ヒルが大発生なんて事態も……。

 また沢の水は、そのまま飲まない方がよい。そう教えてくれたのは、奥山で仕事をしている林業家だ。

「水辺には、野生動物が糞をしていることが多い。死骸が転がっている場合もある。透き通った水でも、病原菌がいるかもしれないから、飲むと腹を壊すよ」

 私はある時、自分の森に流れる沢の水源を突き止めようと沢を遡行した。すると、澱んだため池にぶち当たった。この水が流れていると思うと、とても飲めない。飲用には水道水等を持参することだ。

 ちなみに、下流の集落で農業用などに取水していることもある。そんな水には水利権(排他的に水を利用する権利)があるので、勝手に使ったり、汚して流したりするとトラブルの元になりかねない。

 一難去ってまた一難なのだが、最後に森林所有の最大の問題点をお教えしよう。それは「飽きること」だ。

 オイオイと言われそうだが、私も自分の森に通わなくなった時期があった。同じ森ばかりではなく、違う森に行きたくなる気持ちも湧くのだ。

 事実、森林は購入したものの、すでに何年も通っていないという人は少なくない。飽きるだけでなく、仕事が忙しくなる、転居して遠くなる、あるいは年をとって体力的に行けなくなることもある。やはり自宅から遠い森は、通わなくなる可能性が高い。

 将来を考えると、相続のことも意識してほしい。森を引き継いでくれる人がいるのならよいが、いない場合、どうするか。相続登記をしないでいると、孫子まで多くの相続人に所有権が分散されてしまう。

 すると利用しづらいから、放置してしまう。そのうち森のある場所も、境界線もわからなくなる。気軽に購入した土地ほど“負動産”になりがちだ。

 現在、土地を巡る大問題と指摘されているのは、こうした未登記土地の増加だ。2017年に所有者不明土地問題研究会(座長・増田寛也元総務相)は、16年時点で未登記の土地が全国で約410万ヘクタールにのぼり、九州本島の面積を超えていると発表した。

 宅地や農地もあるが、面積の大半が山林である。そこに前述した土地の境界線未確定の問題も重なる。このままだと、売買どころか道を通すことも、木を伐採するのも難しい。自分が所有する森は、やはり未来のことをきちんと考えておくべきだ。

 以上を踏まえた上で、森林購入の際、最終的に何に気をつけるべきか。

 改めて辰己さんが言う。

「まず地籍調査などで境界線がはっきりしている土地を選ぶこと。明治時代につくられた公図では、面積や形状も信用なりません。だからうちでは、顧客に地図の見方から説明し、開発規制条項やハザードマップも確認するように教えています。その上で現地をちゃんと見て、先々まで考えて手を打つべきですね。安いからとりあえず買っておこう、というのでは将来に禍根を残します」

 森を持つと何かと起きる“厄介さ”を紹介してきたが、もちろん楽しい経験も数多い。私も自分のものだと思うと、森の中の草木を一本一本観察するようになった。するとさまざまな発見がある。しかも年月とともに、森の様子も変わっていくから、楽しみは尽きない。

 ようは森林を所有したら生じる責任を自覚して、それを負う覚悟を持つことだ。すると森とともに豊かな生活を送れるだろう。

田中淳夫(たなかあつお)
森林ジャーナリスト。1959年大阪生まれ。森林や林業、山村などをテーマに執筆活動を行う。主な著作に『鹿と日本人』(築地書館)、『絶望の林業』(新泉社)、『獣害列島』(イースト・プレス)など多数。

2021年1月2日 掲載