事件現場となったバス停には多くの献花が……

写真拡大

 11月16日の早朝、渋谷区のバス停で1人のホームレス女性が頭を殴られて死亡した。現場となったのは渋谷区幡ヶ谷の幡ヶ谷原町バス停。被害者の住所不定、大林三佐子さんは近所に住む吉田和人容疑者によって頭を殴打され死亡。事件から5日後に吉田容疑者は近くの交番に出頭し、逮捕された。

 吉田容疑者は現場から400m程離れた場所で酒店を営む母親と2人暮らしで、地域の清掃ボランティアに参加していたと言うが、引きこもりがちでクレーマー的な行動を起こしていたことも報道されている。取材をした週刊誌記者に話を聞いた。

「警察は事件直後から吉田に目を付けていたようです。事件現場近くのコンビニの防犯カメラには、白いビニル袋を持って平然と歩く吉田の姿がバッチリ映っていたため、すぐに特定されたようです。警察は連休明けに逮捕しようとしていたようですが、その前に母親と共に自首をして逮捕されました」

◆地元住民が見た吉田容疑者

 では、この吉田容疑者は一体どんな人物なのだろうか。話を聞いたのは、吉田容疑者が母親と経営していた酒店から近いマンションに住む会社員の女性(30歳)だ。

「(容疑者が働く)酒屋さんの前を毎日通っているのですが、昔からある街の酒屋さんといった感じですね。ちょっと暗い雰囲気で、友達が家に来るときに『甲州街道の酒屋さんを通り過ぎて〜』って説明して、わからなかったことがあるくらい。1、2度買い物をしたことがあるんですが、近くにコンビニもあって、そっちの方が入りやすいのであまり使ったことはないですね」

 実際、吉田容疑者の酒店近くで何人かに聞いたが、「入ったことはない」や「酒屋があったことは事件の後に知って驚いている」という話を何人かの住民から聞くことができた。ひっそりとした町の酒屋の倅が起こした凶行とあって、住民たちの驚きは大変なものがあったという。また別の住民女性(41歳)はこんなことを話してくれた。

「逮捕されたニュースを見たときに、あっ!って思いました。私は、深夜や早朝にジョギングをしているんですが、何度か似たような男性を見かけたことがあったんです。散歩という、タダ歩いているというか……何やってんだろう、ちょっと怖いなぁって思ったことがあって印象に残っています。事件をニュースで知って、ひょっとしたら……と思ったくらいです」

 実際、吉田容疑者は地域のボランティアに参加して清掃を行っていたと話しているようだが、ジョギング中に見かけたと話すこの住民は「特にゴミ拾いなどはしていなかったように見えた」という。

◆ホームレスによるゴミのトラブルも起きていたが……

 被害者の大林さんが幡ヶ谷にやって来たのは、今年の春先だったとされている。先述の住民女性(41歳)もたびたび見かけたという。

「朝早い時間にバス停の辺りで何度か見かけたことがあります。たぶんホームレスの方なんだろうなとは思いましたが、屋根のある場所で夜を過ごしているんだろうな……くらいに思っていました。この辺り(笹塚、幡ヶ谷)は公園がたくさんあるんですが、ホームレスの方が居着いているのは、ほとんど見たことがないんです。だから、大林さんのように同じ場所によくいるのは珍しくて、印象に残っているんですよ」

 新宿から環状七号線まで、水道道路を行くと、新宿中央公園を皮切りに大小10箇所以上の公園がある。実際、記者も幡ヶ谷から笹塚にかけての公園を何カ所か回ったが、ホームレスの姿はなかった。 吉田容疑者は調べに対して「痛い思いをさせれば、女性がバス停からいなくなると思った」と供述しているというが、吉田容疑者とホームレスによるトラブルなどがあったのだろうか。更に聞き込みを続けるとこんな話を聞くことができた。幡ヶ谷駅近くに住む男性会社員(42歳)はこう話す。