増岡弘さん(2018年撮影)

写真拡大

 フジテレビ「サザエさん」のフグ田マスオ役、日本テレビ「それいけ!アンパンマン」のジャムおじさん役で親しまれた声優の増岡弘(ますおか・ひろし)さんが3月21日午前2時53分、直腸がんのため死去した。83歳だった。26日、所属の俳協が発表した。葬儀は家族葬で執り行った。お別れの会は故人の意思により行わない。

 増岡さんは1936年、埼玉県生まれ。63年に「狼少年ケン」で声優としてのキャリアをスタートさせた。また、劇団「東京ルネッサンス」を主宰し、俳優としても活動した。

 「サザエさん」マスオ役は2代目として1978年6月11日から41年間、「アンパンマン」ジャムおじさん役は88年から31年間の長きにわたりそれぞれ担当し、19年8月に「高齢により」交代。長年の活躍を称え、18年に、第12回声優アワード功労賞を受賞している。

 フジテレビのバラエティー番組「有吉くんの正直さんぽ」のナレーションとしても知られ、一時休養もあったが、19年9月に番組復帰。時折、代役が立てられることもあったが、“降板”がアナウンスされることはなく、続けていた。21日の放送も代役で放送されていた。