エクアドルとの国境に近いペルーのコンドルカンキで捕獲されたコウモリ。ペルー保健省提供(2010年8月3日撮影、資料写真)。(c)HO / MINSA / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ペルーの森林野生動物局(SERFOR)は25日、新型コロナウイルスを拡散しているとして農民に焼き殺されかけたコウモリ200匹を救助し、コウモリを殺さないよう呼び掛けた。

 SERFORは、北部カハマルカ(Cajamarca)州クルデン(Culden)の農民がコウモリを焼き殺そうとしたことを受けて、「パンデミック(世界的な大流行)のために、状況をねじ曲げてはいけない。コウモリは人類の敵ではない」と述べ、冷静になるよう呼び掛けた。

 農民らは、コウモリが新型ウイルスを拡散していると考えていたという。

 コウモリはSERFORの職員に救助され、クルデンから遠く離れた洞窟で放たれた。

 SERFORは、「世界に生息するコウモリの70%は、虫を餌とする」益獣としての側面もあり、デング熱を媒介する蚊など、健康や農業に害を及ぼす虫を食べてくれると説明した。

 SERFORの野生動物部門の責任者、ジェシカ・ガルベスドゥランド(Jessica Galvez-Durand)氏は、野生動物を食べるのを控えなければならず、野生生物の肉を薬の材料の使うのも危険だと訴えた。

 新型ウイルスが発生した中国をはじめ、アジアの一部の国々では、コウモリ肉は珍味とみなされている。

 新型ウイルスは、コウモリ由来だが、センザンコウを介してヒトに感染したとみられている。センザンコウの肉はしばしば健康に良いとして食べられている。

 ペルーの新型コロナウイルスによる死者は9人、感染者は400人となっている。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
トランプ氏の「中国ウイルス」連呼が呼び覚ます、米国の暗い歴史
【解説】新型コロナの治療薬やワクチン、現在の開発状況は?
動画:ウイルス懸念のコウモリ肉、市場で売買続く インドネシア