WHO幹部が日本のクルーズ船対応を評価「明らかに好ましかった」

ざっくり言うと

  • 横浜港に停泊しているクルーズ船の乗客乗員を、船内で待機させた日本政府
  • WHO幹部は18日、客らが各国に散らばるより「明らかに好ましかった」と評価
  • 同船をめぐっては、日本の対応を批判する報道がアメリカなどで相次いでいた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x