「SEKAI NO OWARI」のSaori

写真拡大

 人気バンド「SEKAI NO OWARI」のSaori(33)が14日、「ドケルバン病」だったことを、ツイッターで明かした。

 Saoriは「セカオワの前座としてピアノを弾いたとき」という動画をアップ。そして「ファンクラブツアーの最終公演、沖縄だけこれ弾けなかったんです」とつづった。「実は産後になり易いという『ドケルバン病』になり、公演を重ねる度に親指側の炎症が強くなり、指を広げると激痛が走っていました」と2018年末の第1子出産後に、罹患していたという。

 だが「今は完治」というSaori。「また沖縄に行ったら弾きます。沖縄はいつでも行きたいです」と“次回”に意欲を見せた。

 ドケルバン病とは、狭窄(きょうさく)性腱鞘炎の一種で、親指の付け根から手の甲にかけての痛みが特徴。元AKB48でタレントの川崎希も、第1子出産後に罹患し「出産後のホルモンの関係で手が痛くなってから2カ月くらいかな?良くなったり悪化したり 日によって痛みは違うんだけど また痛み出したから痛み止めの注射」とつづっていた。