<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全7枚)

JR東日本グループが「未来の駅」を体験できるイベントとして大宮「STARTUP_STATION」を開催、本日より一般公開がはじまった。場所は大宮駅西口イベントスペースで、パスタを作るロボット、あなたにぴったりの日本酒をAIが勧めてくれるサービス、瞬間冷凍サービス、駅弁やスイーツの自動販売機を体験できる。開催は本日12月4日より12月9日まで。

新鮮な牡蠣を料理中

■瞬時にアジを凍らせるデモ:

●駅弁・スイーツの自動販売機

ブイシンクは自社で開発したウルトラ自販機による駅弁とスイーツの自動販売機を実演している。ジュース類の自販機はもちろんお馴染みだが、壊れやすい駅弁やスイーツ類は自販機で提供することが従来は困難だった。

スイーツの自動販売機

壊れやすい商品を壊さずに取り出し口に運ぶため、スムーズな動きをするコンベアーを内蔵、手前のエレベータ式に上下する棚トレイに押し出して取り出し口に運ぶ。

スイーツ自販機の内部。手前のエレベータ式のトレイ(写真最下部)に商品をコンベアで送る

売店はスタッフ不足に悩む一方で、営業時間を延長することが求められている。これを解決するのは自動化・省人化であり、駅弁やスイーツといった従来は自販機では提供できなかったものが可能になれば、営業時間の延長と省人化が実現する可能性が高い。

また、自販機にはカメラが内蔵されていて、購入した顧客の性別や年齢層をデータとして記録し、購買マーケティングに繋げる機能もある。

駅弁の自販機。JRグループでの実践導入が決定している

内部の方式はスイーツと同様だが、スイーツの自販機の方が新型となる

■動画 スイーツの自販機の動作:

(神崎 洋治)