<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全8枚)

NVIDIAはドローンなどの自律機器、ロボット、ビデオ解析、組み込みデバイス向けのGPU推論用のAIコンピューティングボード「Jetson」シリーズの最新製品となる「Jetson Xavier NX」(ジェットソン エグゼビア エヌエックス)を世界同時発表した。

NVIDIAが発表した「Jetson Xavier NX」。日本での発売時期は現時点では不明

●サイズはNanoと同じ、価格は$399

NVIDIAのJetsonシリーズは現在、ハイエンドモデルの「Jetson AGX Xavier」、クレジットカードサイズの「Jetson TX2」(Jetson TX1)、それより小さい「Jetson Nano」がラインアップされている。「Jetson Xavier NX」はハイエンドモデルの「Xavier」の名を冠しつつ、サイズは「Jetson Nano」と同じ、価格は「Jetson AGX Xavier」の約66%に抑えた製品となる。

Jetson Xavier NXの特徴は、45mm X 70mmとJetson Nanoと同サイズながら、価格面では$399という低価格が魅力だ。

NVIDIAのJetsonファミリーのラインアップ。新製品の「Jetson Xavier NX」が追加される

Jetsonシリーズの仕様比較

他のJetsonシリーズとの比較を見てみると、Jetson Nanoで培った小型化の技術を生かし、低消費電力ながらAGX Xavier搭載のVolta Tensor Coreを搭載に成功し、高性能化を実現した印象を受ける。

●気になる性能は?

NVIDIAが公開したベンチマーク資料によると、Jetson Xavier NXはJetson TX2と比べ、機械学習の分類や物体認識の処理速度では15倍以上高速だとしている。

Jetson TX2シリーズと比較して15倍以上の高速化を計測

Jetson Nano, TX2, Xavier NX, AGX Xavierでの機械学習による分類と物体認識のベンチマーク比較。ResNetによる画像分類やMobilenetによる物体認識のパフォーマンス差が大きく、リアルタイムの画像分析処理ではNanoやTX2よりも秒間処理が有利だと思われる

公表されているベンチマークではInception V4, ResNet-50, SSD Mobilenet-V1そしてOpenPoseのパフォーマンス計測が行われている。4つともディープラーニングを利用した画像処理ライブラリだが、InceptionとResNetは画像の分類、mobilenetは画像内の物体認識、OpenPoseは画像内の人体の姿勢を分析するもので、縦軸が1秒間に処理できるフレーム数(Frames Per Seconds)になっている。

工場などの検品用途だと毎秒60フレームで撮影・分析などのスピードが求められることがあり、1000fps越えだと利用検討できる範囲になりそうだ。

開発キットは上位モデルのJetson AGX Xavierと互換のようなので、すぐに開発ができそうだ。またJetson Nanoとピン互換なのも便利だ。例えば、エントリーモデルとしてNanoで開発してみたものの、性能的に物足りないというユーザには設計変更なしにJetson Xavier NXに入れ替えられる可能性が高い。これは嬉しい情報ではないだろうか?

Jetson Xavier NXのスペックシート(下記)を見ると、電力モードに「10W」と「15W」モードの2つが用意されており、10Wモードは15Wモードの約2/3程度の性能となっている。省電力重視か性能重視かを選択できる点も魅力的だろう。

2つの電力モードの仕様比較。10WモードでもAIパフォーマンスでは14TOPSの性能なので、バッテリ駆動の組み込みシステムでも高速なリアルタイム画像分析処理が実現できそうだ

●NVIDIA Jetsonシリーズの開発者は40万人超え

今年3月にJetson Nanoを販売してからメーカーズの人々も手にする機会が増えたNVIDIA Jetsonシリーズ。現在世界中に40万人を超える開発者と3000を超える企業で利用されているそうだ。

Jetsonシリーズの開発者数と顧客数

国内でもJetson NanoをAI教育の教材に採用したり、JetBotやAI-CARの製作に頭脳として組み込んだりと、活発な活動が始まっている。前述したようにエントリーモデルとしてのJetson Nanoからのアップグレードとしても、性能的・価格的にも魅力的な商品ではないだろうか?

(高橋一行)