<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全7枚)

「ELTRES IoTネットワークサービス」は長距離安定通信、高速移動体通信、低消費電力という特長を持つ、ソニー独自の低消費電力広域(LPWA)通信規格「ELTRES」を採用したIoT向け通信サービスだ。
見通し100勸幣紊猟控離でのデータ通信や、時速100勸幣紊嚢眤移動する電車などでも安定した無線通信を実現し、通信モジュールに標準搭載されているGNSS(グローバル衛星測位システムを活用した位置 時刻情報)の取得も可能な同サービスを活用すべく、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社とNECネッツエスアイ株式会社、オリックス株式会社は、2019年9月30日より関東、東海、関西の主要都市を中心に「ELTRES(エルトレス)IoTネットワークサービス」の商用サービスを開始した。
同サービスの特長を活かし、通信電波の届きにくい山間部の鉄塔やため池などのインフラ監視、走行中車両の車両 ・物流管理、 児童や登山者の見守りなど 、さまざまな分野での活用が検討されており、3社は、ソニーグループの技術力、NEC ネッツエスアイの企画・事業展開力、オリックスの幅広い法人顧客への提案力を活かし、パートナープログラム参画企業を含む複数企業でのパートナーシップや共創体制を構築することで、様々な分野におけるLPWAの利活用を促進し、 IoT市場の拡大の一翼を担っていくと述べている。
なお、今後は順次提供エリアを拡大し、2020年度上期中に全国への展開を目指している。

エリアカバー計画:
■ 2019年9月末時点:関東、東海、関西主要都市(1都2府6県)
東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県、愛知県、兵庫県、大阪府、京都府
■ 2020年度上期中:全国
提供エリア詳細情報(ソニー公式・サービスページ)

ELTRES IoTネットワークサービス公式ページ:
https://iot.sonynetwork.co.jp/service/eltres/

●パートナープログラム参入企業
同サービス開始に先立ち、3社は2019年5月よりパートナープログラム参入企業の受付を開始。多種・多様なIoT向けデバイスの設計・製造を行う「端末パートナー」、 ELTRES IoTネットワークサービスを活用したソリューションやプラットフォームの開発・構築・運用を行う「ソリューションパートナー」、連携可能なアプリケーションを構築する「アプリケーションパートナー」、端末やソリューションやアプリケーションなどを販売する「チャネルパートナー」の4つのカテゴリで、開始初日時点で登録中を含む114社の企業とパートナーシップを結んでいる。

パートナー企業一覧(五十音順)※2019年9月30日時点で登録されているパートナーの一部

●活用事例
パートナー企業である機器メーカーやサービスプロバイダーなどとELTRESを活用し、街路灯の電力監視と設置位置管理、アドベンチャーレースの選手トラッキング、ため池の水位監視、鉄道の車両・設備管理、その他、小学生の登下校時の見守りと出欠管理や車両や物流の位置把握など幅広い分野でのサービス導入・活用について検討を進めている。

●1. 街路灯の電力監視と設置位置管理
(岩崎電気株式会社)
・「街路灯の見える化システム」を構築、街路灯の電力使用量と設置位置を管理
・ 自社で基地局を設置することなく数十km以上の広域エリアを見通すシステムの構築を実現
・ 各自治体での試験運用を実施し、2020年度の商品化を目指す

●2. アドベンチャーレースの選手トラッキング
(日本システムウエア株式会社)
・ 地図とコンパスのみでゴールを目指すアドベンチャーレースで、リアルタイムに選手の位置情報を把握
・ 250km に及ぶコースを数台の受信機で網羅し、選手の持つ送信機から3日間に渡り位置情報を発信
・ 自然の中を走り続ける選手の安全を管理し、体調悪化や負傷した際に迅速に対応、イベント運営を効率化

●3. ため池の水位監視
(兵庫県)
・ 豪雨による「ため池」の決壊被害を防ぐため、ELTRESとIoTプラットフォームを活用して水位を計測し遠隔で監視
・ 電波の通じにくい山間部でも簡易な機器構成で設置でき、小さなバッテリーで5年程度稼働
・ 水位をパソコンやスマホから確認でき、決壊を防ぐために事前の対策が可能(※)NEC ネッツエスアイがオプションとして提供

●4. 鉄道の車両・設備管理
(協和テクノロジィズ株式会社)
・ 高速で走行する特急車両からデータの送受信に成功
・ 走行車両内からデータを取得し、車両内の環境や状況を把握することでサービス向上へ
・ レールなど鉄道設備の状態監視への活用を見込む

▼ ELTRES(エルトレス)IoTネットワークサービス概要:

■提供開始日
2019年9月30日
■通信ネットワーク仕様

■送信プラン
・ 定期送信(送信間隔: 3分〜 24時間) 2つまで設定可能
・ トリガー送信


(ロボスタ編集部)