<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全5枚)

2019年8月26日、市場調査会社Canalysが全世界のスマートスピーカー・スマートディスプレイについての調査結果を発表した。

2019年第2四半期、世界のスマートスピーカーは55.4%成長の2,671万台に達した。

●ブランド別統計

Image: Canalys

以下グラフにしたもので解説する。

●出荷台数推移

Image: Canalysのデータを元にrobot startがグラフ化

ブランド別出荷台数ではAmazonがGoogleを抜いてトップへ。2位へ急上昇したのは中国Baidu。Googleはトップから3位にランクダウンした。Alibaba、Xiaomiも伸びており、中国勢の成長は目立っている。米国勢と中国勢は同じ市場で販売競争を行っているわけではないので、純粋に中国のスマートスピーカー市場が大きく成長していることが伺える結果となった。

●市場シェア推移

Image: Canalysのデータを元にrobot startがグラフ化

市場シェアを円グラフにすると、Baiduが急激にシェアを伸ばし、その分Googleがシェアを落とした形になったことがわかる。なお、このレポートではAppleはOhters扱いとなっている。

●Amazon vs Google

Image: Canalys

AmazonとGoogleの2018年第2四半期と2019年第2四半期で比較したグラフ。米国と米国以外でのグラフとなっている。この1年でAmazonは大きく出荷台数を伸ばしたが、Googleは縮小傾向となった。これは、Googleが新製品を投下していないこと、今年の10月に新製品を発表するタイイングであること、Nestブランドへのシフトがまだ十分でないこと、新しい出荷国を増やさなかったことなどが挙げられている。またAmazonもGoogleも米国以外への出荷を増やしており、2019年第2四半期でいずれも米国外が50%を超えていることもわかる。

Source:Canalys

(中橋 義博)