<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全2枚)

2019年6月5日、Amazonが大学生向けのAlexaを使ったコンテンスト「Alexa Prize:Socialbot Grand Challenge 3」の参加チームを発表した。

「Alexa Prize」は人間とコンピュータの相互作用を促進するための数百万ドル規模の賞金をが用意される大学向けのAlexaコンテスト。エンターテインメント、スポーツ、政治、テクノロジー、ファッションなどのさまざまな最新のイベントや人気のあるトピックについて会話ができるソーシャルボットを作成することがテーマとなっている。

今回15カ国以上から主要大学から申込みがあり、科学的貢献、技術的メリット、新規性、および実行能力を含む基準に照らして、Amazonの選択委員会によって慎重に審査、決定されたという。

選出されたのは、カーネギーメロン大学、プラハチェコ工科大学、エモリー大学、モスクワ物理工科大学、スタンフォード大学、カリフォルニア大学デイビス校、カリフォルニア大学アーバイン校、カリフォルニア大学サンディエゴ校、カリフォルニア大学サンタクルーズ校、ミシガン大学の10校。

この10校のチームは、25万ドルの研究助成金、Alexa対応デバイス、Amazon Webサービス(AWS)、Extended Topical ChatデータセットへのアクセスやAlexaチームのサポートを受けることができる。

今後の流れは2019年9月よりコンペティション開始、2020年5月に決勝、2020年6月に受賞者が発表される。賞金は最高のソーシャルボットを作成したチームに50万ドル、2位は10万ドル、3位は5万ドルと高額だ。さらに総合得点が4.0以上で優秀なソーシャルボットには100万ドルの研究助成金も与えられる。

また動きがあればお知らせしたい。

Source:Alexa Prize / Alexa Blog

(中橋 義博)