待機児童対策の目玉となった新タイプの保育園 開始3年で招いた大混乱

ざっくり言うと

  • 待機児童対策の目玉として2016年度から始まった「企業主導型保育所」
  • 新規開設などを巡り、事業者や利用者らの間で大混乱を招いているという
  • 理由も明かされず不採択となり、建設費用などが無駄になった事例もあるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング