(c)MBS

写真拡大 (全4枚)

「探偵でも雇わんと分からんことやから助かる!」と言ったのは、関西を中心に活躍する芸人のミサイルマン・西代。そこで12月13日(木)に放送したバラエティー番組「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」(MBS)が「かわいがっていた後輩 芸人を辞めて“その後の人生”は大丈夫なのか?」と題して、西代と笑い飯・哲夫、そしてスーパーマラドーナの武智が可愛がっていた後輩芸人の“その後”を追跡調査した。

武智が心配する元「ジョニーレオポンの河内」

 武智が"その後"を心配する後輩は、3年前に芸人を引退した元ジョニーレオポンの河内(こうち)慎太郎さん。「あいつは"超"がつくほどのギャンブル好きなんでそこが心配ですね。1レースで10何万も負けるとかエグいんですよ」と心配する武智だが番組スタッフが河内さんを尋ねると、現在、大阪市福島区で「かまぼこ居酒屋 ハチマル蒲鉾」を経営していた。芸人を辞めてすぐに調理師免許を取得した河内さんは、大阪の天満にある「八尾蒲鉾店」で2年間修業し、今年8月に店をオープン。古民家をリフォームしたオシャレな店内は女性客で賑わっていた。


店自慢の「ウッフド・ロワイヤル(480円 税抜き)」は、かまぼこにくるまれた卵がちょうどいい感じに半熟状態になっている。箸を入れると黄身がトロッと出てくるため「インスタ映えする!」と大人気のメニュー。このほか、大阪を意識した「蒲鉾のお好み焼き(730円 税抜き)」なども人気の商品という。そして、武智が心配していた「ギャンブル癖」について、店のスタッフは「僕はいつも横で10万円くらい賭けてるの見てますけど...」と言うが、河内さん本人的には「トータルで勝ってるので大丈夫!」とのことだった。

「アホなキャラ」芸人が塾経営!?

 次に登場したのは、哲夫が可愛がっていたという元レディマウスのタツヤ(有田龍矢)さん。「芸人辞めてから結婚してお子さんも産まれたんですけど、ちゃんと養えているのか?アホなキャラなので舐められていないか?」と、心配する哲夫。そして、番組スタッフが龍矢さんに接触すると、大阪市淀川区で「寺子屋こやや」という学習塾を経営していた。「昔ながらの"寺子屋風"塾です。リビングで勉強しているかのような感じで、楽しく勉強しましょというコンセプトでやってます」と龍矢さん。「僕、高卒です。中卒よりの高卒なんで...」と言う彼自身は、特に勉強を教えることはなく子どもたちに楽しく勉強に取り組めるように仕向けているという。そのため「楽しい塾長がいる!」と評判となり2校目もオープン。芸人時代の最高月収は1万円だった龍矢さんだが、現在は給料も安定し立派に妻子を養っている。哲夫も安心していることだろう。

「メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?」はMBSで毎週木曜日よる11時56分放送中。
メッセンジャーの黒田とあいはらが、世の中に起こるありとあらゆることに対して、勝手に「大丈夫なのか?」とおせっかいに心配するバラエティー番組。

MBS動画イズムで無料見逃し配信中!

メッセンジャーの〇〇は大丈夫なのか?はコチラをクリック