子供のワンプッシュでも商品が買える!届く! 買い物を変える画期的なAmazon Dash Buttonの便利と落とし穴

写真拡大 (全2枚)

ネット通販はすっかり一般的となり、なかでもAmazonを使っている人は実に多い。
さらに、Amazonの有料会員サービス「Amazonプライム」は、年会費3,900円(税込)を支払うことで即日配送サービスが無料で利用できたり、音楽や動画の配信サービスを受けられたりする。
こうしたサービスの充実を次々に実現していることも、Amazonが利用者を増やしている大きな理由だ。

さらにAmazonは、そのプライム会員を対象に「Amazon Dash Button」の販売を開始した。
「Amazon Dash Button」は、Dash Buttonのボタンを押すだけでAmazonに商品の注文ができる画期的な商品だ。

「Amazon Dash Button」は、1つの商品専用の注文ボタンだ。
「Amazon Dash Button」本体の価格は500円だが、500円分の買い物ができるクーポンが付与されるため、本体は実質無料と同じなのだ。

使い方は、簡単な初期設定をしてDash Buttonのボタンを押すだけで、「Amazon Dash Button」に紐付いた商品が注文され、届くのだ。

スマホのAmazonアプリで初期設定
Dash Buttonの利用には、最初だけ、設定が必要となる。
設定はスマートフォンにインストールされたAmazonアプリで行う。

AmazonアプリのアカウントサービスのDash端末設定から端末を追加するのだ。


Dash Buttonを6秒間長押しするとスマートフォンアプリ側でDash Buttonを認識し、Wi-Fi設定と購入したい商品の設定をすることができる。
設定した商品は、Amazonアプリで変更することが可能である。

一度設定したら、もうスマートフォンでの操作は必要ない。
あとは、Wi-Fiの届く場所にDash Buttonを置いておけば、いつでも使うことができる。

注文はワンタッチ!誤作動に注意
Dash Buttonの操作はとてもシンプル、ボタンを押すだけである。
そのため、誤って注文してしまうリスクもある。

特に、小さな子供がいる家庭では、要注意だ。
子供は、知らないボタンがあると、何でも連打してみたくなるからだ。

Dash Buttonでは、そうしたリスク回避のために、重複注文の防止機能が付いている。
この機能は、一度注文すると、その商品が到着するまでは、ボタンでの注文が無効になるというものだ。
また、Dash Buttonでの注文時には、スマホアプリに通知が出るので、通知や通知内容を確認できれば、即座にキャンセルすることも可能だ。

しかし、それでも、そのわずかなスキをぬって、リスクはやってくる。

筆者宅では、重複注文は、防止機能で、確かに防げた。
しかし、筆者がスマホを確認していないときに子供がボタンを押していたようで、二日連続で同じ商品が届くというハプニングがおこったのだ。
我が子ながら、子供の駆動力は恐るべし、なのだ。

もともとDash Buttonは、商品のそばに貼り付けたり、フックで引っかけたりして利用することを想定している。だが、我が家では子供の手が届くところには置くことができないため、子供の入らない部屋の引き出しに入っているという状態だ。

Dash Buttonを使ってみたメリットとデメリット
Dash Buttonを使ってみて、ワンプッシュで必要な商品を注文できるのは非常に便利であった。
家族がわかりやすい場所に置いておくと、在庫を確認した人が注文することができるので、いちいち買い物を依頼しなくてもいいというのは、大きなメリットである。
Amazonのアカウントを持っている人がスマホのアプリで注文内容を確認できるので、重複したり、不要な場合は後からキャンセルしたりすることも可能なので安心である。

筆者が今回購入したのは、LUXブランドのDash Buttonだった。
一つのDash Buttonで選べるのはシャンプーかリンスのいずれかである。通常、シャンプーもリンスも同じような頻度で使うので、両方欲しい場合は同じDash Buttonを二つ買わなければならない。
この場合、シャンプーとリンスを間違わないように印をつけておかなければならない。

一台のDash Buttonで両方購入したいときは、注文する際にDash Button設定でシャンプーとリンスを切り替えることは可能だが、あまりスマートとは言えない。
シャンプーとリンスでデザインの違うボタンが販売されていれば、もっと楽しく便利なのにと感じた。

Dash Buttonに採用されているブランドも、現状は、まだまだ少ないので、今後の対応商品の拡充にも期待したいところである。

また、Dash Buttonの注文は2個まとめてという使い方はできず、それをしたい場合には重複注文防止機能をオフにしなくてはならない。
人や商品によっては、1回の注文で、2つずつ欲しいという人もいると思う。
このあたりも、設定で柔軟に対応してほしいと思った。

Dash Buttonは、操作がシンプルで、できることが限られている分、誰でも使える。
しかし、かゆいところに手が届かないとも感じたのも、正直な印象だ。

それでもDash Buttonは、買い物のありかたを大きく変える画期的なサービスだと思う。
今後、より便利になっていくことを期待したい。
ちえ