台風でも安心?災害やアウトドアではFMラジオになるBluetoothスピーカーがスゴイ

写真拡大 (全2枚)

iPhoneやAndroidスマホとケーブルレスで使えるBluetoothスピーカーは、今や、多くに人が利用しています。

しかし、Bluetoothスピーカーは、ただ“音楽を再生するスピーカー”ではありません。
音楽が聴けるだけでなく、さらに便利に使える製品があるのです。

Anker(アンカー)から発売された「Anker SoundCore mini」は、Bluetoothスピーカーに加え、FMラジオを受信して聴くことができるのです。
販売価格:2,999円(税込)

台風の上陸が心配な今年、災害時にも活躍するアイテムと言えます。

●いつでもどこでもFMラジオが聴ける!手のひらサイズのBluetoothスピーカー
「Anker SoundCore mini」は、5Wオーディオドライバーとパッシブサブウーファーを搭載したパワフルサウンドを聴くことができるBluetoothスピーカーです。

さらに、1度の充電で、約15時間の連続再生ができるので、音楽やFMラジオを屋外など電源がない場所でも十分に使うことができます。

ノイズキャンセル機能に対応したマイクが内蔵されているので、スマホの通話や会話などの音声もクリアな音質で聞くことができます。

FMラジオを聴くには?
Micro USBケーブルを接続することで、ケーブルがアンテナとなり、FMラジオを受信できます。Micro USBケーブルが製品に同梱されているのもうれしいポイントです。
micro SDカードやAUXモードにも対応しているので使用シーンも広がりますね。


手のひらサイズのシンプル操作スピーカー

●製品仕様
・出力:5W
・バッテリー容量:1800mAh
・伝送距離:最大20m
・サイズ:約67×67×67mm
・重量:約215g

普段は、好きな音楽を迫力サウンドで聴き、災害などの緊急を要するときは、FMラジオとして、状況などの情報の確認にもつかることができるので、台風シーズンだけでなく、一家に1台あると便利アイテムでしょう。
にゃんこ