映画「ファインディング・ニモ」でニモ探しを手助けした、何でもすぐに忘れてしまうドリーが主役の続編「ファインディング・ドリー」の予告編第3弾が公開されました。ドリーが唯一覚えている家族の記憶を頼りに、人間界に隠されたドリーの過去の秘密を解いていくというストーリーとなっています。

You've Found the Latest 'Finding Dory' Trailer - YouTube

暗い海の中、ドリーが家族を探す「ハロー?」という声がどこからともなく聞こえます。

通りかかった魚たちがドリーを見つけて、「親はどこにいるんだい?」と話しかけます。

次の場面では、ドリーが「こんにちは。家族とはぐれてしまったの!」とマンボウに助けを求めます。

「最後に家族と別れた場所はどこ?」とマンボウがたずねるも、「忘れちゃった」とドリー。

「何かを探していたんだけれど……」と、ドリーの記憶はドンドン薄れてしまいます。

ついに海の生き物には相手にされなくなってしまいました。

「私は記憶喪失なの。家族みんなが同じ症状だと思うんだけど……みんなはどこかしら?」とニモとマーリンと泳ぎながら話すドリー。

一度は海ではぐれてしまったものの、なんとかドリーと再会したニモ&マーリン。

しかし、突然人間の手がニュッと現れて……

ドリーは人間に捕まってしまいます。

ニモとマーリンはドリーを追いかけて、とある施設にたどり着きます。「友達がココに捕まってしまったんだ!」とアシカに話しかけると、「ここは魚の病院さ」とアシカはのんびりと答えます。

施設の中では、海とは違う新しい魚たちと遭遇。

そしてドリーは、タコのハンクと出会います。

「家族を探さなきゃ!」と言うドリーに、ハンクは「ひとりでは難しいぞ」と語ります。

ハンクはドリーの家族探しを手伝うことに。

さらに、泳ぎが苦手なジンベエザメのデスティニーとも出会います。ドリーとデスティニーは過去に会ったことがあるようですが……?

ハンクはポットにドリーを入れて、8本の脚で器用に運びます。

水族館では壁に擬態してスルスルと移動。

人間に見つからないように、模型の上を静かに這っていきます。

デスティニーは同じ水族館に住むシロイルカのベイリーに、「エコーロケーションでドリーを手伝って!」と訴えますが、ベイリーはなんだか面倒くさそうな表情。

一方で水族館の外に脱出成功したドリーとハンクは、地上ではベビーカーに隠れて移動。

しかし、子どもにぶつかってしまいました。

慌ててベビーカーに乗り込んで子どものフリをするハンク。

これには子どもの両親もビックリです。

ドリーは水族館で同じ種族の仲間たちと出会います。

「この中から適当に2匹を見繕ってココを出よう」と話すマーリン。しかし、ニモににらまれて「冗談だよ」とごまかします。

海では巨大な目玉が3匹をジッと見つめます。

目玉の正体は、なんと巨大なタコ。

「海のどこかにきっと家族がいる、でも一人では見つけられないわ」

水族館では好奇心旺盛な子どもたちがドリーやハンクに襲いかかります。

ハンクは子どもの指に驚いて墨を吐き出します。

水槽が真っ黒になり、子どもたちは逃げてしまいました。

落ち込むハンクに、ドリーは「大丈夫、誰でも失敗することはあるわ」と優しくなぐさめます。

さらに新しいキャラクターとして、ニモとマーリンを助けるベッキーという鳥も登場。

水族館の噴水をジャンプして渡るニモ&マーリン。

「ドリーが家族を見つけたら、僕たちはドリーとお別れするの?」というニモの質問に……

マーリンは複雑な表情。

ドリーの過去に一体何があったのか?

「ドリー、君は家族を見つけなきゃいけない。そして家に帰るんだ」

海と水族館でドリーは家族に再会できるのか?

「ファインディング・ドリー」は、アメリカでは2016年6月17日に劇場公開され、日本での公開日は2016年7月16日となっています。