『パカパカファーム』成功の舞台裏 連載●第50回

 1990年、アイルランドから獣医師として日本にやって来たハリー・スウィーニィ氏。その後、2001年には競走馬の生産牧場である『パカパカファーム』を開場し、すでにGI馬を3頭も輩出してきた。中小牧場としては、十分な成功を収めていると言えるが、日本の競馬界は中小牧場が生き残っていくには、「決して恵まれた環境ではない」という。そこで今回は、中小牧場がこれから発展・飛躍していくための、スウィーニィ氏からの提言を紹介する――。

 1990年に来日し、2001年よりパカパカファームを開場したハリー・スウィーニィ氏。25年間、馬産地から日本の競馬を見続けてきた彼は、その期間で起きた"変化"のすべてを見届け、それについていろいろな考えを巡らせてきた。

 そんな彼が、中小牧場の活性化を図るために、「どうしても実現してもらいたいことがある」と言う。まず、そのひとつが「生産者賞」の増額だ。

 JRA(日本中央競馬会)のレースでは、5着以内に入った競走馬に本賞金が交付される。賞金の振り分けは、所有する馬主が80%、管理する調教師が10%、騎手が5%、馬の世話をする厩務員(きゅうむいん)が5%で、生産者である牧場には、賞金が入ることはない。

 ただし、賞金とは別に「生産者賞」という形で、上位馬の生産牧場に決められた金額が給付されるシステムがある。これは、細かく言うと、当該馬を生産した牧場に与えられる「生産牧場賞」と、当該馬が生まれたときにその母馬を所有していた人に与えられる「繁殖牝馬所有者賞」のふたつに分かれている。

 競走馬は、馬主に引き取られた時点で牧場の所有馬ではなくなる。そこでJRAは、馬産地奨励のために、この「生産者賞」を設定。生産牧場としては、それが大きな励みでもあり、牧場経営の支えにもなっていた。が、その賞金が一時に比べて大幅に減ってしまったという。

 例えば、GIレースを制した場合、1998年の「一般生産者賞(現在の「生産牧場賞」)」の賞金は450〜800万円だったが、以降はじりじりと減額し、2015年現在の賞金は100万円(同レースに外国産馬が出走している場合は150万円)。同様に、「繁殖牝馬所有者賞」の賞金も減額の一途にある。

 要するに、かつては「一般生産者賞」と「繁殖牝馬所有者賞」を合わせて、最大で1600万円も支給されていた「生産者賞」が、今では、最高で「生産牧場賞」が150万円、「繁殖牝馬所有者賞」が180万円までの支給となっている。それらが、少なからず牧場経営の支えになっていたことを考えれば、スウィーニィ氏が「『生産者賞』の増額をしてほしい」と訴えるのも当然である。

「昨年と比べれば、『生産者賞』は少しだけ上がりました。それでも、以前の額にはとても及びません。GIを勝っても、関係者のパーティーや記念品を作ったら、ほぼなくなってしまうくらいですから。

 正直なところ、中小牧場を運営していくのは、本当に大変です。(パカパカファームも)常に困っていますよ。確かにGI馬が出れば、その弟や妹は高い評価を受けて、それこそ牧場の繁栄につながりますが、小さい牧場にとっては、『生産者賞』もそれに匹敵するものでした。ゆえに、その支給額が減っていくことは、牧場にとって死活問題なんですよ」

 近年では、歴史ある大牧場でさえ、次々と閉鎖に追い込まれている。牝馬三冠を達成したメジロラモーヌや、GI5勝のメジロドーベルらを生んだメジロ牧場に、GI7勝のウオッカをはじめ、その父でダービー馬のタニノギムレットらを輩出したカントリー牧場などは、その象徴だろう。その中で、中小牧場の存続は簡単なものではなくなっているのだ。

 一方で、2015年のジャパンカップと有馬記念の1着賞金は、それぞれ5000万円ずつ増額され、ジャパンカップは3億円、有馬記念は2億5000万円となった。その他、天皇賞・春や天皇賞・秋、宝塚記念といったGIレースの1着賞金も1800万円増額された。そうした状況にあるだけに、スウィーニィ氏は「生産者賞」も、ピーク時の水準とは言わなくとも、生産牧場が希望を持てるような賞金の増額を切望している。

 スウィーニィ氏によるJRAへの「提案」は他にもある。それは、馬主と生産者とが交流できる場を作ることだ。

「海外では、レースがある日に馬主の方々が競馬場の部屋をレンタルできるんですね。彼らはそこで、招待したお客さんや、生産者などとともに、ゆっくりと競馬を観戦するわけです。現状、JRAの競馬場では、そういった部屋の使い方はできませんが、もし可能ならば、日本でもそういうシステムを作ってもらいたい。施設の規模に問題があるのは承知していますが、少しでもそういう部屋を提供してもらえれば、馬主と生産者が交流する場が一気に増えると思うんです。それは、生産者にとっては願ってもないことです」

 パカパカファームの開場以来、スウィーニィ氏はコネクション作りに力を入れてきた。牧場は、生産馬を購入してくれる馬主がいてこそ、成り立つからだ。ゆえに、牧場スタッフとは別に、コミュニケーションマネジャーを登用。現在は、女性マネジャーのケイト・ハンター氏が各競馬場や調教施設などで馬主や厩舎スタッフとの関係作りに奔走している。

 さらに、アイルランドにあるラグビースタジアムの年間シートを、パカパカファームでふたつ確保しているという。馬主やバイヤーなどをそこに招待して、交流の場として活用しているようだ。

 そこまでコネクション作りを重視しているスウィーニィ氏ゆえ、競馬場で交流の場が作られることを願っている。馬主と牧場関係者が一緒にレースを観戦すれば、両者の距離が一層親密になったり、新たなつながりが生まれたりするのは間違いないからだ。

 こういった「提言」を胸に秘めながら、ここまで素晴らしい発展を遂げてきたパカパカファーム。では、スウィーニィ氏やスタッフの人たちから見て、この牧場の"強み"はどこにあると考えているのか。次回は、「パカパカファームの強み」に迫る。

(つづく)


【プロフィール】
■ハリー・スウィーニィ
1961年、アイルランド生まれ。獣医師としてヨーロッパの牧場や厩舎で働いた後、1990年に来日。『大樹ファーム』の場長、『待兼牧場』の総支配人を歴任。その後、2001年に『パカパカファーム』を設立。2012年には生産馬のディープブリランテが日本ダービーを制した。

河合力●文 text by Kawai Chikara