※イメージ画像:『黄金のGT お宝ベスト・オブ・ベスト』晋遊舎

写真拡大

 発売中の「週刊文春」(文藝春秋)が、恒例のアンケート企画「好きな女子アナ・嫌いな女子アナ」ランキングを発表した。

 「好きな女子アナ」で1位になったのは、春の同企画からの連覇となる日本テレビの水卜麻美アナ(27)。ダントツとなる248票を獲得し、2位のテレビ東京・大江麻理子アナ(36)にダブルスコアをつけて大勝した。3位はフリーの夏目三久アナ(30)となっており、いずれも飾り気のなさや嫌味のなさが好感度に結びついているようだ。大江アナはマネックス証券社長との結婚というトピックスがあったため、あまり票が伸びなかったようだが、このトップ3は春のアンケートと全く同順位。人気の安定ぶりを感じさせる。

 一方、大きな"女王交代"があったのが「嫌いな女子アナ」ランキング。長らくフリーの田中みな実アナ(27)と高橋真麻アナ(33)の二強時代が続いており、前回はたった2票の差で田中がワースト1に輝いていた。

 ところが今回、二強を一気に追い抜いて「嫌いな女子アナ」の頂点に立ったのはフジテレビの"カトパン"こと加藤綾子アナ(29)。2位の田中アナとの接戦を制し、3位の高橋アナにはトリプルスコアに近い大差をつけた。加藤アナは2年前に「好きな女子アナ」でトップに立っていたのだが、いまや完全な"嫌われ女王"となってしまった。

 容姿端麗でバラエティーから報道までこなす才能があり、本来なら嫌われる要素が少ないようにも思える加藤アナ。なぜここまで嫌われるようになってしまったのか。

 同誌に掲載された読者の声を見てみると「とんねるずの『食わず嫌い王』にサッカーのロナウドが出演した時に対戦相手として登場し、終始、媚びを売るようなお色気表情で辟易した」「自分が綺麗だと思っているイメージが強い」「服装やメイクが派手でタレントやアイドルみたい」といった意見があった。また、メジャーリーガーのダルビッシュ有(28)との熱愛疑惑も大きなイメージダウンになったようだ。

「最も大きな要因は、レギュラー出演している『ホンマでっか!?TV』で"したたかな女"のイメージがついてしまったことでしょう。明石家さんまらが、男を惑わせる加藤アナの仕草や媚び方を暴露し、それがネタとして定着した。単なるキャラであれば視聴者も嫌味に感じないのでしょうが、彼女の場合はプライベートの振る舞いを基にしたネタですからね。かつては、そういった面が見えていなかったために好感度が高かったのでしょうが、このキャラが定着したことで『女を武器にしてのし上がった』というイメージになった。そうなると容姿の美しさやファッションのソツのなさも逆に嫌味に映ってしまいます。もちろん、しっかり努力もしているはずですが、こればかりはイメージの問題ですからね。また、ダルビッシュとの熱愛疑惑も非常に印象が悪かった。加藤アナに限った話ではありませんが、ダルビッシュと交際疑惑が出ると『名声やカネが目当て』という印象が強くなり、世間の反感を買ってしまう」(芸能関係者)

 "ぶりっ子キャラ"で知られる田中アナが本当に嫌われるようになってしまった流れと似た構図ともいえそうだ。不名誉な称号を手にしてしまった加藤アナだが、その一方で「好きな女子アナ」でも4位にランクインしている。双方で上位に入っているのは人気の裏返しでもあり、ライバル・生野陽子アナ(30)の「好きな女子アナ8位、嫌いな女子アナ4位」というどちらでもパッとしない結果と比べれば、いかに加藤アナが世間の注目を集めているか分かろうというものだ。

 わずかな期間で「好き」と「嫌い」が入れ替わってしまうのが同ランキングの怖さだが、好かれる女子アナと嫌われる女子アナの違いはどこにあるだろうだろうか。

「近年、好かれる女子アナに共通しているのは水卜アナや大江アナに代表される『イジられキャラ』。天然ボケや容姿を芸人にイジられても笑顔で返すことで親しみやすさを感じさせ、自分から前に出るというよりも周囲に押し出されるようにして注目を浴びる。だからこそ、美人でも嫌味を感じさせません。逆に嫌われる女子アナは、自分から前に出ていくタイプ。女を武器にしているように見られますし、高橋アナのような場合はコネを利用しているように思われる。また、野球選手や芸能人との熱愛は『チャラチャラしている』という印象になるため"鬼門"というお約束もありますね」(前同)

 フリー転身のウワサが絶えない加藤アナだが、"嫌われ女王"のままではフリーになっても先行きが不安定。今後は新たなキャラを打ち出していく必要がありそうだが、果たして下がりきってしまった好感度を上げることはできるのだろうか。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)