笹井氏の順風満帆だった人生

ざっくり言うと

  • STAP論文の著者の一人である理研の笹井副センター長が5日、死亡した
  • 06年までは、再生医療の応用研究でノーベル賞に最も近いとも言われていた
  • 13年にはES細胞やiPS細胞を使った国のプロジェクトの拠点長に選ばれていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング