香里奈公式サイトより

写真拡大

 3月にあられもない姿の“ニャンニャン写真”が報じられた女優の香里奈(30)。これまで、ドラマや映画、CMなどで大活躍していた彼女だが、このところ露出が激減している。

「以前は何本ものCMに出演していた香里奈さんですが、スキャンダルを機に、CMの相場が急落。オファー自体も当面は見込めないでしょう」(広告代理店関係者)

 香里奈は、月9『私が恋愛できない理由』(フジテレビ系)で主演を務めるなど、ここ数年は毎年連ドラに出演。しかし今年のドラマ出演は、単発も含めゼロ。14年間務めた「Ray」(主婦の友社)の専属モデルも3月に卒業し、現在の目立った露出は、ヨーグルトのCMと「GINGER」(幻冬舎)の連載くらいのもの。彼女の公式サイトで告知されている先の予定は、9月に開催される『東京ガールズコレクション』のみという寂しい状況だ。

「『フライデー』(講談社)が大股開き写真を報じた直後、香里奈が所属する芸能プロは、蜜月関係にあるバーニングプロダクションに火消しを依頼。各メディアに『後追いするな』と通達があったため、大マスコミは報じなかった。しかし、写真のインパクトが強烈だったため、ネットで急速に拡散され、もはや火消しは絶望的な状況に。“カッコいい女性”として知られた香里奈のパブリックイメージは、一瞬で崩壊してしまった」(芸能記者)

 ネット上では「エロい」「俺にもやらせて」などというコメントが飛び交い、すっかりセックスシンボル化してしまった香里奈。同記者は、芸能界をこのままフェードアウトする可能性もあると話す。

「香里奈は、以前から『30歳になったら結婚して、芸能活動をセーブしたい』と語っていたそうですから、今回のスキャンダルが報じられなかったとしても、連ドラなどの仕事はセーブしていた可能性が高い。ただ、CM中心の活動に絞る“山口智子路線”を狙っていたようですから、当面はかなわないでしょう」(同)

 彼女の勢いは、“大股開き”がきっかけで失速してしまうのだろうか?