重盛さと美

写真拡大

19日放送の「ごきげんよう」(フジテレビ系)で、重盛さと美が「中学生時代のヤンキー疑惑説」を弁解した。

この日の放送は、ゲストに寺門ジモンのほか、現在同局で放送中のドラマ「極悪がんぼ」主演女優の尾野真千子が初登場、そして重盛の3人が出演した。

重盛は、サイコロトークで「がんぼな話」を引き当てる。「がんぼ」とは広島の方言で、やんちゃ、わんぱく、いたずらっ子という意味。「極悪がんぼ」主演の尾野がゲストということで、このサイコロの目が用意されていた。

「がんぼな話」として重盛は「重盛さと美って(インターネットで)検索するとヤンキーって出てくる時があるんですよ。それを今日説明したいんです。弁解したくて」と話し始めた。

重盛によると、週刊誌に掲載された昔の写真がネットに流出し、やんちゃっぽく見えてしまったことから重盛さと美=元ヤンキー説が広まってしまったのだという。

確かに2013年10月に発売された雑誌「FRIDAY」に、「おバカキャラ 重盛さと美 『ヤンキー中学生』がブレイクするまで」とタイトルでヤンキーファッションに身を包んだ重盛の写真が掲載されている。

重盛の釈明によるとその写真は単なるコスプレで、仲の良い友達と示し合わせてヤンキー風の服装をして集合写真を撮っただけということのようだ。

司会の小堺一機が「自分の言い訳を公共の電波で」とツッコミを入れたが、重盛は「そうです。イメージを良くしようと思って」と下心を認めた。

しかしこれに対し小堺が「逆におもしろいじゃん」「今はお嬢さんっぽいのにヤンキーだったってなんか逆に魅力」と言い、寺門も「僕いいと思いますけどね。そういうキャラクター」と続けた。

すると重盛は「え、じゃどうし…どう…、あ、じゃ、まんまでいいですかね。あれはガチでやってたみたいな」と自身の発言を撤回するそぶりを見せた。

これに小堺は「ごめんなさい。重盛さん、これリハーサルじゃないんで。打ち合わせここでしてどうするんですか」とたまらずツッコミを入れ、スタジオは大きな笑いに包まれた。

重盛としては悪いメージが定着しないのであれば、元ヤンだろうがそうでなかろうが、どちらでもいいようだ。

【関連記事】
「逃げた。怖くなっちゃった」 湘南乃風・若旦那が不良の世界から卒業した経緯をTV番組で語る
「レンガで殴られた」 バカリズム、高校時代の壮絶タイマンを語る
タイのお祭りで喧嘩騒ぎを起こした若者5人がプロのムエタイ選手に鉄拳制裁される