民間に…

写真拡大

「新独法とはおかしい!」 仙谷大臣の反論は…

<テレビウォッチ>事業仕分けで時の人になった仙谷・行政刷新担当相がナマ出演して、独立行政法人の問題で語った。

   独法が「天下り」の温床であることは誰もが知っている。年間3兆5000億円もの金がつぎ込まれる独法とは何か。具体的に名前をあげて独法を解析した。


   まず「雇用・能力開発機構」。職員数3689人、予算5822億円。うち特別会計から1000億円以上が支出されている。

   麻生内閣の下でどうなったかというと、「私のしごと館」と「雇用促進住宅」は廃止、都道府県などに移管は、「職業能力開発短期大学校」と「ポリテクセンター」(ともに一部)。「職業能力開発大学校(10か所)」「職業能力開発総合大学校」など残りは、「高齢・障害者雇用支援機構」という別の独法へ移ることになっている。

   玉川徹は、「看板の架け替えという以上に、そもそも国がやることなのかどうか」と、お寒い業務内容を説明した。

   仙谷大臣は「問題点はその通りだが、われわれがやったことじゃない」(笑い)

   「われわれは前から言ってる。1000分の3.5の雇用保険料を雇用主からだけもらって、厚労省にとっては別の財布。スキヤキを食べる離れとして温存している」「それよりも、本来業務の使命や目的が時代に合ってるのかどうかが1番の問題だ」と。受講者の就職に結びつかないのだという。

   赤江珠緒は「民間にすればいいんでしょうか」

   仙谷「民間にすると、利益を生むものでないと止めてしまう。目的を問い直して、ガバナンスの問題をクリアして、最後に職員のナマ首をとばさない方法を考えないといけない」

   もうひとつ、「地域医療機能推進機構」という新たな独法ができようとしている。社会保険病院(52か所)と厚生年金病院(10か所)を合わせるというもので、今国会で継続審議。玉川は「これら病院は公益法人が運営している。マニフェストに反するのでは?」。

   赤江が、「独法やめるというのに、新独法とは?」。

   仙谷「荒っぽい還元論では、この独法問題は解決しない。地域医療の核になっている病院なんです。これが経営が不安定で医者がいなくなった。これはいけない。例えば県立病院の分院にするとかしてでも、分担と連携してやろうと……」

   玉川は「でも新独法とはおかしい」

   仙谷「だから観念論ではなく、いったん独法という形で止めようというもの」「独法ごとにミッションが違います。仕事を返すのか潰すのか。マニフェストは荒っぽく書いてあるが、もう少し丁寧に見ないといけない」「来年の4 月から6つのガンセンターとかを独法化する。これは、独法化するんならこうしないといけない、というものを作ろうとしている」

   森永卓郎が「結局天下りでしょ」

   仙谷「先に天下り公募50ポストに2300応募があって、次第に天下りはなくなっていく。事業仕分けで、公開が何よりだとわかった。政治全体が国民の目で洗われる。文化大革命が起こってますよ」

ヤンヤン

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!