生産に遅れが生じていることから、2017年10月に発売とも言われているiPhone8ですが、同時にリリースが予定されているiOS11のAR(拡張現実)技術への本格対応によって、日常生活のあり方が大きく変わることが予想されます。

iPhone8越しに道筋が示される!

下記の画像は、これまでに出ているリーク情報をもとに、ガボール・バロー氏が手がけたiPhone8のコンセプトイメージです。
 

 
ディスプレイには、ARによって目的地までの道筋が青い線で示されています。また、ホームボタンが埋め込みとなることを受けて、Siriのアイコンが変更されているほか、AmazonやInstagramなどのショートカットが確認できます。

すでにARKitを用いてアプリが開発されている

デベロッパーの間では、すでに配布されているARKitを用いて、マップをARでより良いものにしようという試みが行われています。
 
例えばアンドリュー・ハート氏が、ARKitとCoreLocationフレームワーク(デバイスの現在位置を取得し、アプリで位置情報を利用できる)を組み合わせて開発しているアプリがこちら。


動画では、Starbucksをアプリ上で検索すると、上で紹介したバロー氏のコンセプトイメージ同様、実際の風景上に青い線を重ね合わせる形で、道筋を示してくれる様子が収められています。
 
また、位置情報を許可したユーザーがどこにいるのか、直感的に分かるようにもなります。


 
 
Source:BGR
(kihachi)