気軽に送れるLINEメッセージ。メールだと、一呼吸置いて内容を確認できますが、LINEだとチャット感覚で送ってしまいがち。おかげで誤字脱字があったり、テンション高々に送ってしまうことも多いのでは。

なかには送り主を間違えて送ってしまい、赤っ恥をさらしてしまうことも。彼にドン引きされてしまう前に、LINEの送り方にはくれぐれも注意しましょう。



出典:Nosh

今回は、アラサー女性が経験した恥ずかしい誤爆LINEをご紹介します。

 

■寝ぼけて、イケメンキャラのスタンプを送信

「夜中、目が覚めちゃったから、彼にLINEの返事をしていたら、間違ってイケメンキャラのスタンプを送ってしまって。彼にはオタク趣味を隠していたのに……。眠気も吹っ飛んで、修正しようと思ったけど、LINEって削除機能なかったんですよね。」(27歳/女性/販売)

送ったスタンプがいかがわしいものだと、これまでの自分のキャラが一変してしまいそうですね。始めは彼もビックリするかもしれません。

でも、本当にあなたを想う彼なら、「素顔が知れて嬉しい」と感じることがほとんどなのでは。

誤爆はいけませんが、関係が深まってきたら、ちょっと言いづらいことも言えるような仲になれると、ふたりの信頼はもっと深まると思います。

 

■彼に嫉妬して欲しくて、先輩と出かけたことを報告

「最近彼と連絡できていなかったから、仕事で先輩と外回りしたことを、ちょっと意地悪に報告したんです。そしたら、彼から“俺も昨日、会社の子と朝まで飲んじゃった(笑)”っていう返事が。ショックで“え、なにそれ……”と、思わず本音を送ってしまい、気まずい雰囲気に。」(28歳/女性/サービス)

彼がなかなか相手にしてくれなくて、ついご機嫌斜めに返事を送ってしまうことってありませんか? 彼もそんなあなたの気持ちを分かって意地悪をしているのか、それとも無意識に送っているのか。

いずれにせよ、自分の気持ちは正直に伝えられるといいですね。

「最近、連絡できていなくて、寂しいな」と素直に言えれば、彼も「ごめん、そうだよね」と納得してくれるはず。素直に甘えられる女性ほど、カワイイものはありませんからね。

 

■「彼とは結婚するつもり」と、親宛を間違って彼に送信

「休憩時間にLINEを見たら、彼と親からLINEが来ていたんです。親のメッセージを見たら、“彼氏とはどうなの?”ってあったので、“結婚できたらいいなと思っているよ”と慌てて送ったら、彼氏宛に送ってしまい。まだ付き合ったばかりなので、気まずかったです。」(27歳/女性/IT)

アラサーになると男女ともに結婚を意識するもの。特に女性は、最も結婚に焦る時期ですよね。彼氏ができると、つい結婚を見通す女性も多いでしょうが、あまり意識しすぎると、男性から引かれてしまいかねません。

おそらく男性の多くは、ちゃんと付き合ってから、結婚を意識する人がほとんどです。

焦るあまり、ふたりの関係がまだ出来上がっていない段階で、結婚の話をしすぎないように気に留めておきましょう。

 

LINE誤爆から、ふたりの仲が深まったり、関係が出来上がることもあります。誤って送ってしまったのは仕方ないので、ふたりの関係を築くきっかけにできるといいですね。

【関連記事】

※ ソワソワ…!男性が「早く会いたい」と感じる彼女からのLINE

※ ヤリたいだけ?身近に潜む「ゲス男」をLINEで見抜く方法

※ こんなのアリ!? 不倫女がこっそり送る「ゲスLINE」を覗き見

※ 妻とはご無沙汰で…不倫男がこっそり送る「ゲスLINE」3連発

※ 血液型別「気になる彼をデートに誘う」LINEテク【B型の彼には楽しい会話の流れを】

※ 怒らない、ケンカしない。「長続きするカップル」が実践するLINEテク