『ガリガリ君』の新フレーバー開発を語る赤城乳業の岡本秀幸さん

写真拡大

『ガリガリ君』を製造販売しているのは、埼玉・深谷市の赤城乳業。社訓は、“異端児であれ!”。同社の営業本部マーケティング部・岡本秀幸さんは話す。

「新フレーバーの開発は、若手社員の登竜門。ぼくはどうしてもアイスの開発がしたくて、この会社に入ったので、社訓に従って斬新な味を考え続けました。コーンポタージュ味は大好評でしたが、ナポリタン味は3億円の赤字でした」と、苦笑い。

 さらに今年は25年ぶりの値上げという逆風が吹くが…。

「創業当時、主力商品だったのが、かき氷の『赤城しぐれ』。1979年のオイルショック時に20円値上げしたら、お客様が一気に離れ、会社が傾きかけました。社を救うべく、『赤城しぐれ』を片手で食べられるように新開発したのが『ガリガリ君』で、これが大当たりし、持ち直したんです。過去の教訓から、値上げは誠意をもってお客様に報告すべきと、CMで社員一同謝罪をしました」

 伝説のフォークシンガー故・高田渡の曲『値上げ』に合わせ、社員120人が頭を下げるCM(現在は放送終了)が、話題に。同社のウェブサイトで140万回再生され、海外で『ニューヨーク・タイムズ』にも紹介された。

 CMの効果もあったのか、60円から70円になった今も売上げは堅調だ。最近は、工場見学が子供たちに大人気。夏を迎え、ますます勢いが増しそうだ。

※女性セブン2016年7月14日号