弘前大学准教授の「常習セクハラ」手口 女子大生と同室で13連泊

ざっくり言うと

  • 弘前大学准教授が、女子大生に対するセクハラで停職6カ月の処分を受けた
  • 海外出張の際、嫌がる女子大生を無視し、同じ部屋を予約し13連泊
  • 准教授は、十数年前からセクハラで何度も注意を受けていたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング