甘利明氏が辞任 疑惑の炎は霞が関まで飛び火し、拡大の一途をたどる

ざっくり言うと

  • 28日、甘利明氏は自らの金銭授受疑惑の責任を取って辞任すると表明した
  • 甘利氏への疑惑は、霞が関にまで飛び火していると日刊ゲンダイが伝えている
  • 政治評論家の山口朝雄氏は、汚職の構造は氷山の一角の可能性もあると指摘

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング