1日だけの教室。「オズマガジンMEETS」のスペシャルトーク&ワークショップが予約開始

写真拡大

日常を豊かにしてくれるお店は、働き女子にとって心のオアシス。そんな身近にある素敵や、毎日をより楽しく過ごすエッセンスが詰まったイベントが、2015年12月13日(日)に、雑誌『オズマガジン』が開く「オズマガジンMEETS」。末広町のアートスペース「3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田3331)」の体育館と教室に、編集部が大好きなお店や、アーティストが大集合して、読者とお店や人、モノに込められた“ていねい”をシェアする。

体育館には、注目の雑貨店やコーヒーショップ、お菓子やパンなどのお店が約20店舗並び、美しいメロディと歌声が魅力のバンド、Lamp(ランプ)ほか、注目の女性アーティストである桐嶋ノドカさん、Reiさんがライブを行うステージが登場。一方、校舎1階の教室ではこの日だけのスペシャルトーク&ワークショップ計4講座を開催する。事前申し込みが必要なこちらについて、それぞれ詳しくご紹介。◆OLYMPUS PENでシェアしたい写真を撮るコツを学ぶ


女子に人気の美ルックスのカメラ「OLYMPUS PEN」のワークショップも、昨年に引き続いて開催。今回の講師役は、“ゆるかわ写真”で人気のカメラマン、きょん♪先生。150分間のレッスンで、このカメラを使いこなすポイントを実地で学び、写真入りのオリジナルカードを作ることができる。大切な誰かにシェアしたい写真を撮るコツを教わって。

実施時間/14:45〜17:25(レクチャー30分、撮影タイム60分、講評60分)
会場/1階ギャラリーB
参加費/1500円
定員/20名 ※女性のみ参加可
持ち物/レッスンで撮影する「わたしの大切なもの(例:手紙や小物、本など)」

◆世界にひとつだけの「新聞ばっぐ」を手作り


高知県四万十川流域で始まった、新聞紙で作るバッグ「しまんと新聞ばっぐ」。幸せな記事が掲載された新聞を使う手作りのバッグは、作る人、もらう人、かかわるすべての人に幸福を運んでくれるはず。切って、折って、貼る…そんな単純な作業に無心で没頭して、充実のひとときを過ごそう。

実施時間/17:45〜18:30
会場/1階ギャラリーB
参加費/1000円(新聞ばっぐ+高知のおみやげ付き)
定員/16名 
持ち物/使いたい新聞があれば持参も可。その際は、通常サイズの新聞2枚を用意

◆笑顔の待つ場所・福島県いわき市について知る


福島県のいわき市は、太陽のもとで育った野菜たちや、おおらかに笑顔で迎える人々はじめ、一度出会うと心がほっとあったかくなる土地。そんないわきを盛り上げる「いわき観光まちづくりビューロー」の愛川弘美さん、根本麻美さんがこの日のために、おいしいものを携え東京へ。この日だけの特別なお知らせもあるとか! 『オズマガジン』編集部を聞き手に、彼女たちの愛する町と人のお話を楽しんで。

実施時間/15:35〜16:05
会場/1階ギャラリーB
参加費/1000円 ※MAP「いわきうふふ便」+おいしいおみやげ付き
定員/20名

◆コーヒー党の女子、注目!トークイベント「喫茶店入門」


最新著書『純喫茶へ、1000軒』(アスペクト)も好評な「東京喫茶店研究所」の二代目所長、難波里奈さん。訪ねた喫茶店は全国1300軒以上という彼女が、当日ライブにも登場するアーティスト、Lampの榊原香保里さんをゲストに迎え、喫茶店の魅力についてたっぷり対談する。コーヒー好き、カフェ好きの女子には見逃せないはず!

実施時間/13:45〜14:25
参加費/1500円(おみやげ付き)
会場/1階ギャラリーB
定員/30名