伊集院光

写真拡大

23日放送の「100分 de 名著」(NHK Eテレ)で司会の伊集院光が、自身が考案した「中二病」という言葉の使われ方に、複雑な気持ちを吐露する一幕があった。

番組では、前回に引き続き、太宰治の「斜陽」を取り上げ、講師に作家の高橋源一郎氏と、ゲストにピースの又吉直樹を迎えて、作家と作品を掘り下げた。

スタジオでは、又吉が「斜陽」の登場人物・直治について語ると、伊集院も前回の放送を振り返り「直治は『中二病』だっていう話を、高橋さんがおっしゃったんですよ。ところが、高橋さん、知らなくておっしゃったんですけど、『中二病』って言葉を作ったの、僕なんです」と明かした。

これに、又吉は「そうですよね」と答えると、伊集院は「中二病って言葉は今、人をバカにするように使われてるけど、僕(の使い方)はそうじゃないです」と、話を続けた。

伊集院は「『オレはそう(中二病)なんだ!』っていう。で、『そのオレを笑ってください、みんなで笑いましょう』と思って作ったけど。人を揶揄する言葉としてだけ使われると、すごく僕、複雑になるんですね」と、実は自虐的な意味で使うための言葉だが、他人を批判するために使われてしまっていることに対して複雑な心境だと吐露したのだ。

その後、伊集院と又吉は「人間失格」の大庭葉蔵や、直治に宿る中二病的な内面の話題で盛り上がりをみせていた。

【関連記事】
伊集院光 マツコ・デラックスが売れる理由を分析「男性の声を女性視点で伝える」
伊集院光 田中裕二の再婚報道に沈黙を続ける相方・太田光に苦言
伊集院光がネットで高評価を受ける人気店の「天狗っぷり」を激しく訴える